制作風景
今日からまた、しばし京都。
Posted on 2017年10月15日 06:27 under NEWS!, Others, 制作風景


    
    IMG_1055.JPGのサムネール画像のサムネール画像
    


    IMG_1062.JPGのサムネール画像


    '包丁一本、晒しに巻いて~ ♪ 'ってお分かりになりますかしら? 
    いいんです、わかる方だけわかってくだされば。(笑)

    決まって京都に向かう準備で手に馴染んだ道具を移動用のケースに詰めている
    時にはこのフレーズがよぎりますの。
    
    旅のお供はこのリモワのヴァニティーケース(本来はお化粧道具を入れるものですね)
    と我が娘春、ミニチュアシュナイザー12才♀。それだけで重量15KGオーバー。 
    他にも荷物がありますから体をもっときちんと鍛えないといけません。

 
    さて、久しぶりにさせて頂いた東京代官山アトリエでのPrivate Exibitionの2日間が
    無事に終わりました。 圧倒的に殆どがイタリアンウールのカットソーをお求めの
    お客様でございました。お陰様で東京分はすべてSOLD OUT(ってNobuko Nishida
    は顧客様にはご存知の通り元より沢山つくりませんので言うのもおこがましい、
    お恥ずかしいですが)、いずれにせよ有難く無事に万事お嫁にゆきまして安堵
    致しておりますが、リクエストも沢山頂戴致しましたので、
    急遽リピートしてお作りすることに。
    故に、次回Private Exhibition11月2日(木)・3日(金祝)にはいくつか
    ご覧頂けるかと存じます。
    また詳細は、近くになりましたらこちらにUPさせて頂きますね。

  
    そして、KYOTO LabでのPrivate Exhibition Vol.2が
    今週18日(水)・19日(木)12:00~18:00となります。
    Vol.1はオープンのお披露目の会ということで
    少しお祭りのような状況でゆっくり商品をご覧頂けなかった方もおいでの方が多くの
    ご様子にていと心苦しゅうお詫び申し上げます。
    改めてゆっくりご覧になられたいと思って下さるお客様、そして初回にご都合が
    合われなかったお客様におかれましては、どうぞお運び下さいませ。
    (大変恐れ入りますが、今回より、東京アトリエ同様、事前にご予約を頂いた方のみ
    お入りいただくスタイルとさせて頂いております。
    ご希望の方は、下記までご連絡下さいませ。宜しくお願い申し上げます。)

    Bagは製作する時間があれから全く取れておりませんので変わらずですが
    洋服は新たなコレクションを加えて(イタリアンウールのカットソー含め)
    とても充実した内容でお迎えさせて頂きますのでお楽しみになさって下さいませ。

    心より、お運びお待ち申し上げます。


    ご予約・お問い合わせ 
     mail:studio@nobuko-nishida.com
             tel:Atelier 03-6273-1146/KYOTO Lab:080-3850-7789
             (*お手数ですがご新規様におかれましてはCONTACTページよりご登録下さい。
      ご紹介者様がおいでの方はその旨お知らせ下さいませ。)
 

                           
                          デザイン・製作 西田信子


   

    

   

          
 
 
Lab(=Laboratory) in KYOTO Lab
Posted on 2017年10月 7日 20:29 under NEWS!, 制作風景


                       
                                   
        
                  IMG_0508.JPGのサムネール画像



(上写真:インスタグラム@nobuko_nishida 9/25付より、
 Nobuko Nishida KYOTO Lab内の製作スペース。)

ガラス越しに道具や作業する様子をご覧頂けように空間をデザイン致しました。
過日のPrivate Exhibition Vol.1は。KYOTO Lab Openのお披露目の展示会という
こともあって、お陰様で沢山のお客様にお運び頂きました為、わたくしが作業する姿を
ご覧頂く迄に至りませんでしたが、今後は良きタイミングでその機会をと考えております。


10月の活動予定は、先のDIARYで詳細を記させて頂きました。

ご予約を'KYOTO Labにするか、代官山のアトリエにするか'でお迷い下さっているお客様が
多くおいでのご様子にて、其々の違いをお尋ね頂いております。


KYOTO Labオープン前は、空間が東京代官山のアトリエの半分という限られたスペース
ということもあり、実はBagメインでと考えておりました。
その為、DMもあのようなヴィジュアルにさせて頂いた次第でございます。
(*EXHIBITONページでご覧頂けます。)
ところが、洋服をお待ち下さっていらした方が思いの外多くいらして下さいましたので、
Bag・洋服共に東京と久しく、且つ、一部異なったコレクション内容で構成して参りたく、
次回Private Exibition Vol.2に向けて準備致しております。


狭いが故に当初より、お客様に商品をご覧頂き易いようにと時間を掛けて動線を注意深く
検証してデザインした甲斐あり、東京のアトリエを御存じのお客様の中には、
'むしろBag・洋服を一同に見渡せて、KYOTO Labの方がお買い物がし易いかもしれません。' 
と仰って頂く方もあり安堵致しました。


商品構成は少しずつ異なりつつも、それぞれに充実した内容でと努めたく思っておりますが、
強いて申し上げるならば、、、
KYOTO Labは商品との距離が近く路面にも面しておりますのでLIVE感と申しますか、
端的に表現してSHOP的機能により重心が行く様に感じております。
東京は大量の革や道具や機械のある場所が空間の半分を占めておりますし、
元々つくる場所をメインでデザインしており、その同じ空間で、製作したものをご覧頂く、
というコンセプトでスタート致しております。
ということから、今回、KYOTO Labという新たな場所を得たことで出来ました余白には、
今後、より自由にダイナミックに製作だけでなく、'制作'する場所として変化させられたらと
願っております。


ここ東京代官山ヒルサイドテラスのアトリエも丸5年。
什器も何もなかったスケルトン状態の初めを知って下さっている方からご覧になると、
工事を重ね随分と変化しているのがお分かり頂けるかと存じます。

KYOTO Labも街やお人のリズムをわたくしなりに感じていく中で、
少しずつまた東京とは違ったNobuko Nishidaならではの世界観を創ってゆけたらと、
その事をとても楽しみにしてもおります。


お客様におかれましては、どちらも変らぬお引き立てを賜ります様、
お願い申し上げます。
 
そして、大好きな京都で、新しいお客様、お人とのご縁にも恵まれます事、
心より願っております。

どうぞ、末永く宜しくお願い申し上げます。



キバリマス。

                           では、今日はこの辺で。

                             2017年10月7日
                     
                                西田信子


ーお知らせー
 TOPページのデザインをほんの少しリニューアルしてみました。
 インスタグラムの画像にアクセスして頂け易くなっておりますので、
 宜しかったらご覧になってみてくださいませ。             






8月・9月のお知らせ
Posted on 2017年8月 8日 14:36 under NEWS!, 制作風景



       DSC_9782.JPG



    
           -Nobuko Nishida KYOTO Lab-


Nobuko Nishida KYOTO Lab。

色々ございましたが、ようやく2週間遅れの昨日、台風の中、工事が始まりました。
お披露目のPrivate Exhibitionは、既報の通り9月23日(土祝)及び24日(日)
2日間とさせて頂きます。

住所・電話番号は非公開としてスタートさせて頂きます事もあり
HP上に具体的に記すことが出来ませず、お送りするご招待状DMをご覧頂きたく存じておりますが、
今回はお披露目ということで、有難いこと、嬉しいことに、東京やご遠方からお運びの方も多くおいでの様でございます。みなさま、新幹線や飛行機、お宿のご予約がおありとのこと。Labの場所、
特に初日のOPENの時間ををお尋ね頂いております。
これまで個々にお返事しておりましたが、こちらにまとめて記させて頂きたく存じます。

場所は、街中の中京区三条、最寄りの駅は京都市役所前駅(徒歩5分)
京都駅よりタクシーで10分~15分となり、お運び頂きやすい至便な場所でございます。
路面に在しておりますが、看板等一切お出ししておりません。
お送りする地図付の招待状DMを必ずお持ちの上、お運び下さいますようお願い申し上げます。

時間は、両日共、11:00~18:00とさせて頂きます。

顧客様及び、新たにDMご希望としてご登録頂いた方には、ご招待状DMを9月初旬にお送り致します。(ご登録が未だの方で、Private Exhitibionにお運びを御希望の方は、ご予定の日時と共に
HPのCONTACTページよりご登録下さいませ。 



      ー8月、9月代官山アトリエでのPrivate Exhibitgionについてー
 
         日時:8月26日(土)12:00~17:00(予約制)


 ご要望にお応えし、8月はもう1日Private Exhibitionをさせて頂きます。
ご希望の方は、studio@nobuko-nishida.comまでメールをお送りください。

 
 尚、9月はKYOTO Lab OPEN準備の為、Private Exhibition及び、個々のアポイントご予約は一切お休みさせて頂きます。
 又、上記26日をもちまして、代官山アトリエにございます商品の相当数を京都に移させて頂きます。今後は、基本的に商品の移動は致さず、それぞれ独立した異なるコンセプトの空間としての活動となります。
 つきましては、もしお心に留めて頂いておりましたNobuko Nishidaの商品がおありの方は、上記Private Exhibitionへ是非お出かけくださいませ。

                          
  2017年8月8日 
            
                          デザイナー 西田信子

      

Perfect Sunday!
Posted on 2016年7月 4日 10:17 under 制作風景


ずっとずっとずっと、つくりたいと、つくらねば!思い続けていた
鱧の骨切りのDark Redの小ぶりトート。

ハンドバッグ的に使って頂くのにピッタリな横幅約30cm弱。
昨日完成。




20160704-2.JPG




この1~2か月はバッグ制作の時間が全くと言ってよい程ありませんでした。
わたしにとってそれはかなりシュールな状況でございます。


このバッグもハンドルだけもう数か月以上前につくってあったきりで
手が付けられずにおり、それはもう毎日悶々と過ごしておりました。


昨日の日曜は、丸9日間に及ぶファスティング明けにて体調も万全、お天気も快晴。
約束も無し、宅急便もなし、電話もなし、メールも見ない、返さない。


アトリエの窓を全部解き放って一日中ただ制作に没頭。

こんな時間は一年で一日あるかないか。


そんな神聖な空気な中で集中してつくったバッグは
まるで顔つきまでが違うように感じています。
(写真より実物は何十倍も艶やかで、色ももっともっと深い色。
所詮写真では伝わりきれないもどかしさ=リスクを禁じ得ません。)


わたしにとって一等大切な事は何かと、
わたくしのすべきこと、使うべき時間、捧げるべき体力とheart。


ここ数年、うんうんうんとモヤモヤモヤと心の奥でけぶっていた靄がいっぺんに晴れて
すべてか忽ちにクリアになったPerfectな日曜日。

とはいえ、
それは単純に昨日一日で解決したのではなく、、、
葛藤とTry&errorを幾度も繰り返した先にあった先に
条件が上手く整った幸せなタイミングを得たからなのだと思っております。


Anyway、、、これからは
何もかも忘れてバッグの制作だけの日を創ろうと思うに至ります。
そういうことに罪悪感を感じていたわたくしでございます。



こちらのバッグは、今月の記念すべき第一回フリーオープン改め
Private Exhibitionでのお披露目とさせて頂きます。


ご案内DMは、明日一斉に発送させて頂きます。
(尚、今回よりお運びはDMをお持ちの方だけに限らせて頂きますことご了承くださいませ。
ご希望の方は、HP内CONTACTページよりご登録ください。
7月、8月、9月の日程及びご予約等々、詳細はお手元に間もなく到着致しますご案内をどうぞご覧くださいませ。)


20160704-1.JPG


                                Nobuko Nishida


ちょっとブレイク。。。
Posted on 2016年6月 6日 09:20 under BAG&洋服, Others, 制作風景, 春♀, 着物

'孫にお小遣いをあげて信子さんのインスタグラム見られるようにして貰いました。'
なんてメールを下さったお客様もおでで、大変恐縮しております。

'一方で、SNSなどなさらないアナログな様子がよかったのに、、、'と仰る方、
'見られなくて気になって仕方が無いじゃないですか!'という厳しいお叱りの方も少なからず、、、
苦笑。


わたくし自身、ここDIARYで長くお付き合いくださっている皆様ご存じの通り、
全くのアナログな暮らしでおります。が、すこ~し想う事あり始めてみました。
先になさっていた方から伺っていた通り、正直既に少々面倒も生じておりますが
今のところまだしばらく続けてみようと思っております。


そんな様々なお声を伺い、
極一部となりますが、そして時折にはなりますが、
インスタグラムにUPした写真をここDIARYでも
ランダムに、敢えて脈略無しにチョイス&コメントなしでさらり、ご紹介させて頂くことに致しました。

では、ご覧下さいませ。


IMG_0839.JPG


20160604-7.JPG 20160604-11.JPG



IMG_0821.JPG



IMG_0908.JPG




IMG_0929.JPG




20160604-9 (2).JPG 20160604-10.JPG




20160604-9.JPG


20160604-8.jpg


如何でしたでしょうか?


Happy Monday!!
                         Nobuko Nishida


I start Instagram!
Posted on 2016年5月16日 11:25 under BAG&洋服, NEWS!, Others, 制作風景, 春♀, 着物

Happy Monday again!!


2009年5月14日に始めましたこのDIARY。

早いもので気が付けば丁度丸7年。
お陰様で8年目に入ることと相なりました。

時折途絶えることもございましたが、
その時その時想う事、
私なりに拙い文章ながら、真面目に真摯に、そして丁寧に綴ってきた
つもりでおります。



自分のつくりますBagや洋服と同じように、
世の中に向かって発信する限りにおいては責任をと
ある一定の節度を以て、
わたくし自身の仕事=製作のスタイル、活動を
よりご理解頂ける様にということを軸に、
それから大きくかけ離れるようなことは安易に文章でも写真でも載せないよう、
みなさまとの一定の清潔な距離を保てる内容でと
努めてきたつもりでおりますが、如何だったでしょうか?



一方で、
もう少し違うリズムで、もう少しリラックスした角度でお客様に、新しくお人に、社会に、
そして愛する友にNobuko Nishidaというもの=わたくしがつくりますもの、
をもっともっと知って貰いたい、見て頂きたいという気持ちが徐々に生まれて参りました。


あくまで一人で致す、そしてこれからも限界までひとりで致したく思っております。
デザイナーであり作り手であるわたくし西田信子というものを表現することが
Nobuko Nishidaという存在を、もっと知って頂くことに少しでも繋がればと
考えるようになりました。


20160516.JPGIMG_0073.JPGのサムネール画像
IMG_0067.JPGIMG_0186.JPG
20150815-1.JPG20150815-2.JPG
3016.JPGIMG_0201.JPGのサムネール画像



大好きな着物廻りのこと。
和の時間。


IMG_0154.JPG20140311-5.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 20140728-Mark toto2.jpegのサムネール画像


Nobuko Nishidaのトートバッグの最も長く、且つハードな使い手であり
DIARYではお馴染みソールメイトMarkのこと、そして気の置けない友との時間。



IMG_9809.JPG

大事な道具達のこと。



IMG_9864.JPG

アトリエでの大切な人々と過ごすかけがえない時間。
わたしなりの心ばかりおもてなし。



IMG_9784.JPG 

20141024-5.jpgのサムネール画像 

私が美しいと感じるモノ達のこと。




6762.JPG


我が永遠の師、ヴィヴィアンとのこと。
(左:英国デザイナーVivienne Westwood /中央:不肖わたくし西田信子/右:Andreasは彼女のご主人でありブランドを受け継ぐデザイナー)




4668.JPG

旅のこと。



IMG_0183.JPG

私の一部、春♀のこと。




20141116-8.JPGのサムネール画像


そして我が愛する同士、革のこと。


etc...

以上のような、
HPとは違ったわたくしの世界の一部を切り取って
発信し始めました、インスタグラム。

長くこちらをご覧下さっている方には、時に懐かしい映像もめて
DIARYとは少し違った目線で、心軽やかに柔らかく、そして少しリズミカルにを心に留めつつ致しております。

スタートして一か月。
まだまだ心もとない感じにて、
実はもう少し経ってからお知らせをと思っておりましたが、
7年前のちょうど今皐月の中ごろに始めたDIARYと同じタイミングでと
エイッ!とご案内させて頂くことに致しました。


このDIARYは今までと同じスタンスを守りつつ、
新しい何かを求める為に、
その分少しだけ自分を'晒す'という冒険です。

それが正しいと信じて致しましたが、
違和感を感じたらすぐに辞めるつもりでもおります。

いつも試行錯誤、これからも行きつ戻りつで
けれどNever give upで参ります。



ご興味のある方だけフォロー下さったらとお知らせ申します。

Instagram
nobuko_nishida


                                                                              




 




あっという間の3連休。
Posted on 2016年3月21日 23:27 under 制作風景



20160321-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


久しぶりにDIARYをUPさせて頂いてからのこの一週間、
メールやお電話を沢山頂戴したお陰様で俄然制作意欲が湧き、
この連休アトリエに籠って集中して作業が出来ました。


そんな3日間ももうすぐ終わり。


春♀も何度も伸びして退屈アピールしてるから(上写真)笑、
そろそろ切り上げて、また明日に致しましょ。

 
今週は、少しテンポよくDIARY綴れたらと思っておりますので
またお付き合い頂けましたら嬉しゅうございます。

                            Nobuko Nishida




             

展示会2日目終了。
Posted on 2015年12月11日 21:25 under BAG&洋服, NEWS!, Others, 制作風景


'展示会の写真を!'というメールを沢山頂戴しておりますので、
急ぎUP申し上げますね。



20151211-1.JPGのサムネール画像


DMに記載させて頂いた通り、
今回は、Nobuko NishidaのBag&洋服の展示会と一緒に
フォトグラファーRrosemary氏による、わたくしのアトリエを撮影頂いた写真展が併設されております。 作業するわたくしの手のクローズアップの写真や、道具、作業台廻りに貼ってあるポストカードetc, 私のごく日常の風景を、アーティストとしての違う眼で切り取って頂いた作品、
そちらも合わせてご覧頂けたら幸いです。



今回はそのつもりもなかったですが、、、
やはり少しでも時間が空くと、
'ああ、勿体ない、制作の続きを!'という想いあり、
急遽、またまたミニ作業スペースをつくり、

お客様とご挨拶したり、、、
作業したり、、、
デイスプレイを直したり、、

相変わらず、落ち着きなく会場中を動き回って汗びっしょり、
とうとう、12月というのにノースリーブ姿でお客様に驚かれております。笑。


20151211-3.JPGのサムネール画像



今日は、鹿児島からお運び下さったお客様のトートバッグを、
お洋服をご覧頂下さっている間にお手入れ。


その場の空気、お客様のお顔、色々を感じながら
臨機応変に対応をと努めております。 

それが今回の展示会のわたくしの一番の目標。



20151211-4.JPG


作業着を羽織るのも忘れてお手入れに没頭中の図。

お帰りになる頃には、甲斐あって無事に艶やかになり、
喜んで頂けて嬉しゅうございました。



201512-2.JPGのサムネール画像


前回3月と全く違って、
わたくしが目指しているのは、このLIVE感。


わたくしのつくるモノ、そしてその作り手である私自身を含め会場を
どうプレゼンテーションするかというのは展示会の大切なポイントです。もちろん!

ですが、今回はアトリエ外部で催す展示会としては、私の中ではもうこれで一区切りという想いあり、
私自身からの発信というよりは、
来てくださるお客様のお気持ちにいかに臨機応変に対応できるかということを自分に課して
望む機会でございます。


自分のスタイルだけを貫くなら、今後はもう
改装もして理想の空間なった東京代官山のここアトリエで致せばいいことなのですから。。。


という訳で、、
疲労困憊、誤字脱字満載確信なれど、
リクエストにお応えしてDIARYも早くUP、こちらも目標の'LIVE'感優先ということで
今宵の中に一旦エイッ!と更致します。


事前に頂くお客様からのメールでは、
明日土曜日が何やら最もご来場が多い気配。


お天気も味方してくれるようなので、
精一杯に致します!

では、会場で、そして夜はDIARYで!


Nobuko Nishida



まだまだつくりたい! 
Posted on 2015年12月 8日 17:49 under BAG&洋服, 制作風景


今回の展示会はクリスマス直前の開催ということもあり、
終了後お待たせしないで、出来るだけ早くお買い求め頂いたお客様に
商品をお送りできるようにと、
事前に商品の撮影をアトリエで済ましておくことに致しました。

とういう訳で、、、
昨日は、過去にお嫁に行った籠バッグもいくつかお借りして撮影。
下の写真はその内のBag達の一部。

下の写真の籠バッグは、共に最も小さい、片手の平にちょこんと座る大きさ。


ああ、なんて懐かしい。
ああ、なんて、可愛いのかしら。。。


20151208-1.JPG




FullSizeRender (2).jpg

上の写真は今回の展示会DMで使用した真ん中のサイズと同じ大きさ。
最もクラシックなサイズ。

少しボルドーがかったキャメルのクロコダイル。
綺麗!そしてなんてエレガント!
実は、持ち主は一つ目の写真左の石ワニxスワカラと同じ方なのです。

右のフォレストグリーンのオーストリッチの子も本当に大好き、大好きでした。
良くアトリエにお運び下さってお引き立て下さる方の元にお嫁に行ったので、
とっても嬉しく思っておりましたの!


この2年随分とトートバッグをつくりましたけれど、、、
来年は、籠バッグイヤー!にと思っておりますの。

籠バッグはやっぱりわたくしにとってやはり随分と特別なんです。



今回は都内近郊や、よくお目に掛かるお客様にお声を掛けさせて頂きましたが
みなさま快くお貸下さり嬉しゅうございました。

貴重な素材のモノ等、アーカイブのすべてを
いつか何かきちんとした形で皆さまにもご覧頂ける様にと思っております。

今後また商品のお貸出のお願のお声を掛けさせて頂くこともあるかと存じますが、
ご無理の無い範囲でご協力頂けたら幸いでございます。


さあ、梱包もほぼ終わり、
明日は搬入とデイスプレイ。


IMG_7789.JPGのサムネール画像

新しくなったアトリエ奥の空間にビッシリと出番を待つ洋服達は300着越えます。




20151208-3.JPG 20151208-4.JPG


展示会場に置くご挨拶文や商品説明。
切ったり貼ったりこちらも手作り。

拙いながら、いつもその時々の自分の飾らない言葉で綴ります。
(ですので、是非、読んで下さいね。)



20151208-6.JPG



シングルカットのブルーが最後のBagと決めていながら
まだまだつくりたくて制作の手を止められない!

今年のDIARYの中でとっても反響を頂いたわたくしの私物のミニミニトートと同じ革がイタリアから
一頭届きました(と申しましても、全く同じものは存在しないので少しずつ異なりますけれど、、、)
ので、同じ型紙でギリギリまでつくることに。


今回6日間と展示会の期間が長いですから、会場で少しずつでも制作できたら
と、段取りの良いところまで今晩の中にアトリエで仕上げて明日会場入りと思います。


もっと時間が欲しいな。。。


来年の展示会の予定は全くの白紙。
とにかく、つくりたいものが後から後から溢れて出て来るので、つくってつくってつくりたくって。。。
なので、恐らく、次回まで少し間が空きそうに思いますので、
明日の体力を残しつつ、今夜もやれるところまで、今回の展示会でひとつでも多くご覧頂ける様に
努めます。

初日はお天気が怪しいようですが、、、
是非、お運び下さいませ。

心より、心より、こころより、お待ち申し上げます。

                                      Nobuko Nishida








祝!夢の'だんじり'完成!
Posted on 2015年11月27日 12:20 under 制作風景, 春♀

工事はあと少しのリタッチを残しほぼ終了。

昨日は、わたくしの長年の夢だった、革の収納棚の入替え。

総重量500キロの重みに耐えかねて歪み始めていた旧棚。
20151127-1.JPG



革を全部取り出し、
20151127-10.JPG


ひたすら取り出し、
20151127-9.JPG


兎に角、取りだして、
20151127-8.JPG



移動させ、

一枚一枚革のコンディションをチェックしつつ、

巻きなおし、

種類別、色別、素材別に整理。


IMG_7613.JPG

20151127-14.JPG


危ないからね、春坊。 カートに入れて避難しようね。 

私の気迫に、彼女も流石にとってもりこうさんにしてくれました。

20151127-12.JPG



新しい棚は、市販のものでなくオリジナルに一から製作。

500キロの重みに耐えて、且つ、わたしひとりででも可動できるものにしたかったのです。

20151127-4.JPG


結果、搬入と組み立てに男性4人がかりの大仕事を要するモノに。

20151127-6.JPG



そして、またまた、ひたすら革を元に戻して、

20151127-3.JPG

夢の'革のだんじり'が完成!


How gorgeous!!

20151127-13 (2).JPG


ということで、昨日一日で
500キロX2=1トンの革を運んだことに。


展示会前にこんなに体に負担がかかる作業をするのは賭けでしたけれど、
事故なくやり遂げられて安堵。 
我ながら、自分のガッツに感動。

でも、実は、、、
アトリエ以外の場所に、この何倍もの量を倉庫で保管・管理しているのです。 
離れて暮らす彼らの状態を常に気に掛けながら、わたしは日々を過ごしているのでございます。


誰にも簡単には真似できない仕事とスタイルを貫いていることに、昨夜は誇りと
そしてそれが出来ている事に深く感謝しながら、
その充実感とそして疲労で、久しぶりに泥のように眠ることができました。

この夏のはじめから随分と苦しんだ不眠症のトンネルからも、
ヴィヴィアンとの時間と、アトリエの工事を経て、ようやく抜け出せつつある様な気が致しております。
あと来月の展示会をやり遂げたら、きっと明るい陽射しにまた辿りつけるはずと信じて、
もうひと頑張り、清潔に努めたく思っております。


今日は流石に腰が痛みますが、
幸い、腕も指も無事。 動きます。 笑。


展示会まであと2週間。 
気を引き締めてまた制作に没頭致します。
                                             
                                       Nobuko Nishida








 

*旧DIARY(=初回2009年5月14日~2014年1月24日迄)の閲覧はこちら