BAG&洋服
8月のPrivate Exhbition日程のお知らせ
Posted on 2017年7月26日 16:35 under BAG&洋服, NEWS!




          ー8月のPrivate Exhibition日程のお知らせー



 不思議と毎年、Nobuko Nishida では、この頃からお盆明け迄が、一年を通して最も多く
ご予約のご要望を頂戴する時期となります。 
世の中的には、春夏のセールも一段落、ディスプレイは秋冬物にシフトでしょうか。
なれど、実際のところは、、、これからが暑い季節でございます。

 ファッション業界のサイクル、いはゆる春夏、秋冬というようなスケジュールは全く無関係、
すべてが定番商品でございますのでセールも一切致しません。
お人によって(例えば、芸能界の方とか?ファッション業界の方とか?に対しても)お値引するということも一切致しておりません。
 製作する時はどなたにお持ち頂くか分からないままに常に丁寧につくっておりますし、
お客様はどなたさまも同じく有難い存在。 
これはNobuko Nishidaのスタート時からの全く変わらないスタイルのひとつでございます。
極めてシンプルな事ですが、実のところ、、、意外と根強い慣習あり、、、こういうポリシーを貫くには
信念の強さと、時にすこ~しばかりの戦いも要するのでございます。


 デパートさん等への卸も相変らず致しておりません。 こんな小さなブランドでも、
実はオファーは時折頂戴致します。でもすべてお断りさせて頂いております。
元々同じものを大量に作るということは考えておりませんし、兎に角、上質の素材で丁寧に
縫製したものを、長く、且つ沢山お召しに、お使い頂けるモノだけをひとつひとつじっくり
作りたいというコンセプトでスタートしておりますので。


 わたくし自身、世の中のスピードに惑わされず自分なりのリズムで、その年、その季節のリアルな気候や気分のままにチョイスしたい、というのが望むところでございましたので、
その思いのままに変えずに続けて参りましたが、共感してご愛顧下さる顧客様が、気が付けば
増えて下さったように実感致しております。 大変、有難く存じております。

 とはいえ、まだまだ、まだまだでございます。
京都の出店も有り、またひとつ正念場とお腹に力を入れて努めたく思っております。
変らぬお引き立てを賜りましたら嬉しく存じます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 前置きが長くなりました。

 9月のKYOTO Lab OPENの準備もあり、個々のお客様とアポイントをお取するのが
なかなかに今年は難しい状況になっており、ご不便お掛けしております。
心苦しく思っております。

 8月のPrivate Exhibitionは、8月2日(水)とさせて頂きました。
12:00~でご予約お取りさせて頂きますので、どうぞ御希望のお時間を以下までお知らせ下さいませ。

mail:studio@nobuko-nishida.com
tel:03-6273-1146


・ご登録が未だの方は、お手数ですがCONTACTページよりメールを送信下さいませ。
・ご同伴者様がおありの方はその旨お知らせ下さい。
(ご同伴者は今回、2名様までとさせて頂きます。)
・ご紹介者様がおありの方は、その方のお名前をご明記下さいませ。
・Nobuko Nishidaの専用パーキングは無くなりました。お車の方は近隣のコインパーキングか
 お隣TSUTAYAさんの駐車場をご利用下さいませ。



IMG_4787.JPGのサムネール画像 IMG_8093.JPG


去年の夏から初秋にかけて何度もご紹介させて頂いた、相当に重宝した麻のスリーピース。
無地の麻に加えて、今年はチェックの2色で作りました。

単品でもそれぞれ働き者ですが、
できましたら上の写真のようにアンサンブルで是非揃えて頂きたい。
幼い頃のウールの格子柄の着物を思い起こさせるようなノスタルジックさもあり、
こういう流行に左右されない柄や色目は、やはり飽きが来なくて良いなあ~、と思っております。


カットソーのコットンジャージー、ビッグママT-shirtsドレスと双璧、
これからの季節、旅にも便利なヘビーローテーションアイテムかと、
自信を持ってお薦めさせて頂く商品でございます。

上写真:共にHAORI / VノースリーブTOPS / ハーレムパンツ
    (他にハーレムパンツ、シャツドレスのご用意がございます。)


では、みなさまからのご予約を心よりお待ち申し上げます。


*Nobuko Nishida KYOTO Lab での9月23日・24日のPrivate Exhibition Vol.1
 につきましては、前回(7月18日)、前々回(7月14日)のDIARYで詳細を綴っております
 ので是非ご覧下さいませ。(*ご来場にはDM=ご招待状が必要となります。)

 
    2017年7月26日
                          

                         デザイナー 西田信子
 

東京 x 京都
Posted on 2017年7月18日 08:33 under BAG&洋服, NEWS!
  
           
           weight covered with leather.JPGのサムネール画像のサムネール画像 

写真  革の裁断の折に使う鉄の錘(おもり)
    モノにもそれぞれ温度がある、というのがわたくしの持論。
    鉄が直接触れると革が冷たかろうと、そしてその感触も柔らかくしてあげたくて
    ヌメ革で覆って手縫いで製作。この仕事を志した当初に創った大切な道具達です。
    (instagram @nobuko_nishida.worksより)




           ー 暑中、お見舞い申し上げます -


東京は暑い毎日が続いております。
今年は厳しい夏になりそうでございますね。
クーラーは苦手なわたくしでございますが、春♀の為に一日中フル回転させております。

約3か月ぶりに更新したDIARYでございましたが、
先日久しぶりにUPさせて頂いたところ、早速にメールを沢山頂戴し
嬉しく思っております。
ありがとうございます。

今日は、共通して頂いているお尋ねのいくつかにお応えしたく存じます。

・東京と京都在の割合について
 
 -京都に完全に移ってしまう、又は殆ど京都在とお思いの方が多くいらっしゃるようですが、
  実際は東京にいる時間の方が未だ圧倒的に長く80%位でしょうか。
  Bagの製作だけに専念するなら拠点はどこでも良いのですが、
  洋服のデザインを続ける限り東京を完全には離れられないのでございます。

  9月23日にNobuko Nishida KYOTO Lab OPEN後は、
  お客様のご予約のご要望を京都でどれだけ頂戴できるかによって決まってくるかと
  思っておりますが、
  理想としては、月のそれぞれ半分半分にできたらと願っております。


・代官山アトリエとKYOTO Labの違いについて

 -わたくしがお一人お一人に対応させて頂くというスタイルは全く同じでございます。
  KYOTO Labでも代官山と同じくBagも洋服もご覧頂けます。

  ただ、KYOTO Labは、革を扱う職人としての活動をよりフォーカスした形にと思っており
  ますので、洋服の割合はやや少なくなるかと存じます。

  一方、新しい素材や、これまでにないアイテム、より強い作品的要素の発表の場にできたら
  と願っております。
  京都という街から感じる、得るモノを、少しずつわたしなりのフィルターを通して、
  時間を掛けてひとつひとつ形にできたらとも願っております。

  そういう意味で、代官山のアトリエにはない、時にアヴァンギャルドなモノが揃うことに
  なるやもと思います。内容はどんどん変化する動きのある空間にという想いから
  Lab=Laboratory(研究室・実験室)と名付けております。
  どうぞ、お楽しみになさって下さいませ。
  
  


・9月23日(土祝)・24日(日)のPrivate Exhibitionについて

 -23日の初日と24日の2日間をお披露目の展示会とさせて頂きます。

  先の7月14日付のDIARYに綴らせて頂きました通り、時間や場所の詳細につきましては
  ご招待状をご覧ください。HP上ではご案内致しません。
  
  展示会後は、代官山同様、事前のご予約を頂いた時間のみOPENするスタイルと
  させて頂きます。

  スペースは代官山のアトリエ比べると半分以下の限られた空間でございますが、
  街中であること、路面店であること、
  新しい土地での新しい試みとなります。
  セキュリティーの問題もございますが、わたくし自身これまで以上に
  時間というものの大切さに向き合いながら、お客様に丁寧な対応をさせて
  頂きたく、場所などは非公開として慎重にスタートさせて頂くことに致します。


  沢山の方にお運び頂いて自分の創ったものをご覧頂けることは何よりの喜びでは
  ございますが、どなた様にも広く情報を公開した場合、思わぬ事が起こります。
  過去の展示会でも、突然、多数の方、バイヤーの方や業者の方が来られたり、
  大勢の学生さんが一度に来られたりして(学校の先生から'勉強してきなさい'と
  言われたと仰っていましたが、、、お若い方々に罪はなく、、、
  そういうことはやはり事前に学校なり、先生の方からお伺いがあるべきなのでは
  ないでしょうか? とわたくしは思います。)


  時間を掛けて制作した商品達をやはり乱暴に扱われることは心が痛みます。
  そしてその商品はお気に召して頂いたお客様の元にお届けすることを目的としております。
  そういう意味で、自分が創ったものではありますが、完成した段階でわたしにとってはどの
  商品も大切なお預かりものという感覚でおります。故に商品は守らなければなりません。

  折角ご遠方から、そしてお忙し中時間を割いてお越し頂いたお客様
  にご迷惑やご不自由を掛けることが度々あり、
  私の立場として、その責任について深く考えること多くございました。


  2015年12月の六本木AXISギャラリー以降、外部で場所をお借りして展示会を行うことを
  辞め、Nobuko Nishida 自身の空間である代官山のアトリエや今回のKYOTO Labを整え
  その中でPrivate Exhibitionるこという小規模制の展示会へとスタイルを変えたこと、
  そして毎月1~2日間、フリーオープンと称してどなた様に解放しておりました
  アトリエでの活動も中止させざるを得なくなったのも、すべて上記の問題が発生したからで
  ございました。
  ご理解頂けたら幸いでございます。


  そんな経緯もございました上での、満を持してのKYOTO Lab OPEN!
  わたくしも心待ちに致しております。
  

  つきましては、
  初めてお運びを御希望の方につきましては、大変お手数ですがCONTACTページより
  ご登録下さい。ご案内状をお送りさせて頂きたく存じます。
  (ご紹介者様のおいでの方は、その旨明記下さいませ。)


今日はこの辺で。
また、何かご質問、ご不明な事などおありでしたら
ご遠慮なくお尋ねくださいませ。

お問い合わせ:mail:studio@nobuko-nishida.com


素敵な一週間のスタートになります様。


             2017年7月18日         デザイナー 西田信子


  
  

Nobuko Nishida KYOTO Lab OPEN
Posted on 2017年7月14日 13:26 under BAG&洋服, NEWS!

                             
                                  FullSizeRender (5).jpg

'KIMONO BAG´ for Nobuko Nishida KYOTO Lab
 写真上:GALAXY / 写真下:リザード型押し
     共に紫と黒のむら染め 





          ー Nobuko Nishida KYOTO Lab OPEN ー



   このたび、2017年9月23日(土祝日)、京都にNobuko Nishida KYOTO Lab
   と 称した新たな空間を持つことに致しました。

   Labは、'実験室'の意味'Laboratory'の略。
   その名の通り、更に新たな素材等にも挑戦し、一層強いモノ、美しいモノを
   生み出すことを自分に課す為の場所として、京都という土地で、ここ東京代官山の
   アトリエとは別に、わたくしの空間を一から創ることに致しました。


   事前の完全予約制、わたくしがお一人おひとりに対応させて頂くスタイルは
   東京代官山と同様とさせて頂きます。初日の23日・24日の2日間はお披露目を兼ね、
   KYOTO LabでのPrivate Exhibition の1回目とし、
   DM(御招待状)をお持ちの方にはご自由にご覧頂ける機会をと準備を始めております。


   初めての土地での一からの試み。
   2015年春以来、京都で商品をご覧頂く久しぶりの催しとなります。
   ご遠方からお運び下さるお客様もおいでの様でございます。
   又、限られスペース、限られた時間となりますので、
   KYOTO Labのスタートは、住所は非公開とさせて頂き、
   詳細はご案内をお送りさせて頂いた方のみにお知らせという形で
   始めさせて頂こうと存じます。


   尚、インスタグラムの中の、山のKYOTO HOUSEがその新しい場所と
   お思い方がいらっしゃるようですが、
   そちらはアトリエ兼住居の全くのプライベートでございます。
   KYOTO Labはそれとは別の、交通の便の大変良い京都市内、
   街の真ん中となりますのでどうぞご安心下さいませ。

   
   これまでと違った緊張感を以て過ごしております。
   
   みなさまにある種の驚きを以て迎え入れて頂けます様な空間にと
   これからの今年の夏を精一杯に準備に
   努めたく思っております。                            



   NEWS!
   *Nobuko Nishida の新しいオフィシャルインスタグラム
    @nobuko_nishida.worksをスタートしております。
            フォトグラファーに撮って頂いたアーカイブや新作等を毎日UPさせて
    頂いておりますのでフォロー頂けましたら嬉しゅうございます。

                        
    
       2017年7月14日          
                        デザイナー  西田信子




    

 
  

   
   
 


    

ようやくの春。カットソー色々。そして、大事なお知らせ。
Posted on 2017年4月19日 04:10 under BAG&洋服, NEWS!, Others


FullSizeRender.jpg

藤色のカットソー。
シルクとカシミヤが入ったすべらかで優しい肌触り。
TOPSにはたっぷり大きなフード。機内や車中などでお休みなさる折に
ふんわり纏って頂けたらと。首周りにくしゅくしゅとお好きな形に巻いて頂いても
とデザイン致しました。ノースリーブバージョンもございます。
ボトムスはボリュームを更に増したハーレムパンツ。
シルバーのミニミニトートを合わせてアトリエにディスプレイしております。



FullSizeRender (2).jpg FullSizeRender (1).jpg

毎年夏に新しい色をお作りしているコットンのカットソー。
今年はなんとPINK!!
とはいえ、少しラベンダーを帯びた大人ピンクでございますので、意外とどんな色とも合います。
(このPINKは実はMEN'Sサイズでございます。最近、男性、特に海外のお若いBoys達が腰履きで素敵に着てくれますのでいくつか特別に作りましたのを敢えてオーバーサイズでブカブカに着るのが気に入って着ております。)



FullSizeRender (3).jpg

こちらはウール素材のカットソー。
TOPSはウオッシャブルウールの艶のあるグリーン。
ボトムスは新作のイタリアンウールのハーレムパンツ。



IMG_2508.JPG


こちらのTOPSも新作のイタリアンウールのボルドー。
タイトなラグランのデザイン。上半身タイト+下半身ボリューミーというスタイルは
家事や仕事がし易くて良いです、よね?
ボトムスはコットンのハーレム。




IMG_3071.JPG
  
TOPS:ウオッシャブルウールグリーン
ボトムス:コットンマスタードカラーのハーレム




IMG_2864.JPG


あまりアトリエでもお出しせずに仕舞っていることの方が多いので
意外に思われる方もおいでかもしれませんが、
白X黒ボーダーはNobuko Nishidaの定番のひとつでございます。
TOPS:チビT
ボトムス:ハーレムパンツ
斜め掛け牛革のフラットショルダー。 モチロン!Nobuko Nishidaです。



上下違う素材、違う色をミックスして自由にお召し頂けたらと
カットソーのラインを色々と揃えて充実させておりますので、これからの季節に愉しんで頂けたら
と願っております。



‐Nobuko Nishidaからの大切なお知らせ‐


  • 展示会及びDMご案内ついて

お尋ねを沢山頂戴しております次回京都での展示会は
9月初旬を予定しております。京都はまだ暑い頃かと思いますが、ご予定に
お入れ頂けたら嬉しゅうございます。ご遠方から、東京からお運び頂いてもきっと
甲斐があったと思って頂けるようなスペシャルな景色をご覧ける様にと着々と
進めております。

一度でもご記帳頂いた方やメールでお尋ね頂いた方にお送りし続けておりましたDMでございますが、そのリストも3000様を超えております。
わたくし自身、もう2度と伺えることがないという先様からいつもご丁寧にご案内頂くのは申し訳なく、時に気が重いこともございます。きっとわたくし共からのお知らせに同じように御感じの方も少なくなく
いらっしゃるのでは?と思っております。

又、Nobuko Nishidaは、わたくし一人で製作し、わたくし自身が接客をさせて頂くというスタイル。
おひとりおひとりに丁寧に対峙さて頂く時間、その数には限界があるとも随分前より思ってもおりました。

次回京都の展示会を機に、日頃よりお引き立て頂いているお客様、メールやお電話、お手紙などでやりとりがある方、お顔を知る方にのみお送りさせて頂こうと思うに至ります。


作り手としては、当然の事、溢れるような沢山の方に集って頂けるのは嬉しいことでございます。
ただ、つくるものはひとつひとつ、そしてお運びくださる方はおひとりおひとり。 それに費やす、
費やして頂く時間などを考えますと、責任も重く、丁寧にと思っております。


つきましては、初めての方、そして間が空いておいでの方におかれましては、
大変恐縮でございますがCONTACTページよりご登録の上メールをお送り頂けたらと存じます。



  • Private Exhibitionについて

5月はGWもあり、既に個々のご予約を頂いておりますので、
Private Exhibitionはお休みさせて頂こうと存じます。
ご遠慮なく、ご予約ご希望の方は以下までお問い合わせ下さいませ。


Nobuko Nishida Atelier/Tokyo Daikanyama
mail:studio@nobuko-nishida.com
tel:03-6273-1146

                           Nobuko Nishida



インスタグラムの画像から
Posted on 2017年3月31日 11:45 under BAG&洋服, Others

   
       Cherry 桜 籠bag.jpgのサムネール画像のサムネール画像


一昨日のPrivate Exhibitionは御馴染みのお客様、なれど久しぶりの御目文字にて
和んだ柔らかい時間がアトリエに流れました。有難いことと思っております。
少し間が空いた後、お目に掛かれなかったその間に作りましたバッグや洋服にお目を留めて
お買い求め頂けるのは大きな励みでございます。


ここ数日お運び下さった顧客様の殆どが、
インスタグラムの画像をご覧になれない、ならない方ばかりで、
改めてここDIARYをもっと以前の様に充実させなければと思うに至っております。

そんなこともあり、今日は、インスタグラムをフォロー下さっている方には重複致しますが
ここ最近のいくつかピックアップしてご覧頂こうと存じます。


上の写真は、この週明けの冷たい雨の月曜日の朝に、
お目だけでもお花見頂けたらと、桜色のオーストリッチの籠BagをUPさせて頂いた折の
写真でございます。


下の写真は、
現在、東京国立近代美術館で開催されています展示会、
「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」 のレセプションに寄せて頂いた折の
写真でございます。(初代長次郎から十五代吉左衛門までの歴代の茶碗が見られる
圧巻の展示会。~5月21日(日)迄。)



 Camel bow blouse dress.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 あまりお目に留めて頂く事がないアイテムで残念に思っております中のひとつがこの
 ボウブラウスのドレス。 

 こちらのミルクティーカラーは終了しておりますが
 ブラックは継続してお作りしております。

 長いボウリボンは、前や後ろ、サイドと色々な風に結んで遊んで頂けます。
 袖口のカフスはパリで見つけたガラスのアンティークボタンを
 お付けしております。

 長いことハイヒールを履いておりませんでしたので足さばきに少々不安あり、
 そこは無理せず(年齢もありますからね、自重して慎重に、笑)、
 ウエストは鹿の革の細いベルト(パスケースにお付けしている紐)
 で下の写真の様に少しブラウジングし短く調整、Loro Pianaのキャメルウールの生地で
 つくりましたのケープを羽織り、
 まだ肌寒うございましたので、同じくキャメルのロンググローブをして伺いました。


 camel cape.jpgのサムネール画像 
  
 camel.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 camel lizard mini totebag.JPGのサムネール画像


バッグは、リザードの型押しの横長ミニサイズ。
サイコロリングはヌメの牛革。

黒が落ち着きますが、
こんな風にワントーンで揃えると、少し明るい色目は印象が変わって柔らかく華やか。
特に春が近いこういう時期はお祝い気持ちも込めてたまには明る目のカラーも良いかしら、と。
如何でございましょ?

今日はこの辺で。

                           Nobuko Nishida




月日の経つのは、いといと早く。。。
Posted on 2017年2月19日 23:07 under BAG&洋服, NEWS!

2月も後半。
月日の経つのは早うございますね。

滞りましても変らずご覧いただいて下さっているみなさまに
心からの御礼を申し上げます。
ありがとうございます。



丁寧に時間を掛けてアトリエの風景と制作の様子を撮影、そして取材頂きました誌面の
お知らせをさせて頂きます。
PLEASE5号。
6ページにわたり紹介頂いております。
是非ご覧頂けたら嬉しく存じます。

販売されている書店が限られておりますので、
ご不明な折には私共までお尋ね下さいませ。
ご案内申し上げます。


2017Please5.JPG





ブラックとダークグリーンに加え、
ボルドー、チャコール、キャメルの新色がウオッシャブルウールの
カットソーシリーズとして出来て参りました。

TOPSは下の写真の丸首の他Vネック、そして定番の
ビッグママTシャツドレスのご用意がございます。

インスタグラムご覧頂いている方はもう知って下さっているかと存じますが、
髪はバッサリ短くサイド刈り上げておりますが、
相変わりませずわたくしめにございます。


IMG_0496.JPG





今月のPrivate Exhibitionは
'反復'をテーマに、京都の山のアトリエにて、
原点回帰とひたすらに作りましたカードケース達をご覧頂きました。

小さい世界に閉じ込めたからこそ見えるそれぞれの革の個性が
強く、且つ繊細に現れ、
わたくし自身にとりましても色々な発見がございました。

カードケース4つ=トートバッグ一つとほぼ同じ時間が掛かりますこと等も
改めて、ものづくりというものに対して想うことあり、
しばらく引き続き続けて致そうと思っております。

IMG_0460.JPG

来月3月のPrivate Exhibitionも、
カードケース以外にも何かひとつ切り口を定め
自分に課して参るつもりでおります。




柔らかい革を用いた、
いわば、'カンガルーのポケット'の様な、体の一部の感覚を目指した
新しいBag。

以前よりアイデアは温めておりましたが、
満を持して試作を始めました。

みなさまに商品としてご覧頂くにはまだまだ時間が掛かりそうではございますが、
トートバッグと併用して間違いなく重宝頂けるアイテムになることと存じますので
お待ち頂けましたら嬉しゅうございます。


2017softbagprototype.JPG



旅の前夜。
気が急いた乱暴なDIARYとなりましたが、
ご無沙汰してしまいましたお詫びとご挨拶兼ねてUPさせて頂きました。


お伝えしたきことは様々に溢れますが、
続きはまた戻りましてからゆっくりと。


季節の変わり目、
みなみなさまお厭い下さってどうぞお健やかに。
くれぐれも。

西田信子拝


如月のお知らせ
Posted on 2017年1月27日 16:17 under BAG&洋服, NEWS!

早いもので一月も終わり、もうすぐ二月如月の頃となりましたが
みなさま如何お過ごしでおいででしょうか。
お健やかでいらっしゃるでしょうか。

如月とは、'衣(きぬ)を更(さら)に纏う' という意味とのこと。
二月は一層寒うございますものね、、、


わたくしの方は、
お正月のうちに体に付いた'余分な'ころも'を身に着けたままにて、
いと、重うございます。 笑。


さて、京都のアトリエの環境も随分整いました。
少しずつ、東京との両輪で調子よく制作の道を進みたく存じております。



クロコダイル 型押し ブラウン.JPGのサムネール画像


上の写真は、クロコダイルの型押しをブラックとダークブラウンの2色を複雑に染めた
力強いトート。見た目の迫力とは裏腹にとてもとても軽い革でございます。


今年初めて完成のトートは、その色違いのブラックXダークグリーンの革で
製作しました下のふたつ。
共に、紬でも柔らかい着物でもお持ち頂くのに程よいサイズにとデザイン致しました。


これより、同じ革でご旅行に普段にもお使い頂ける横長の程よい大きさのサイズに
着手致します。出来ましたらまたこちらDIARYにて写真UPさせて頂きますね。


クロコダイル 型押し ダークグリーン.JPG



力のある素材は、扱うこちら側にもエネルギーが必要でございます。
昨年に感じた年齢による急激な体力の衰えや、
長年酷使してしまった腕や肩の痛みなどもあり、
つくるスピードを抑え、流行る心を諌めながら
仕事を致しております。


今まで出来たことができない自分に
腹立たしく思う事ばかりではございますが、
少しずつ新しいリズムを掴めたらと願っております。

いずれにしましても、
丁寧に丁寧にと努めますので、
引き続きまして、変らずお引き立て賜りましたら嬉しく存じます。  
                              西田信子拝

最後に、以下お知らせでございます。


                ーお知らせー

2月Private Exhibition(=東京代官山アトリエにて月に1~2度致しております予約制、小人数制の展示会)を以下の日程にて致します。ご希望の方は、ご連絡下さいませ。

連絡先:mail:studio@nobuko-nishida.com
     tel:03-6273-1146

日時:2月3日(金)節分の日・18日(土)  



初春のお慶びを申し上げます。
Posted on 2017年1月 7日 14:18 under BAG&洋服, NEWS!

あけまして、おめでとうございます。
2017年も、みなさまのお引き立てを賜れます様、宜しくお願い申し上げます。


IMG_9106.JPG

雑誌エクラ2月号(元日発売)でNobuko Nishidaをお知り下さり、
初めてDIARYをご覧頂いている方もおいで下さっているかと存じます。

拙い文章ではございますが、製作の様子や商品の事等綴っておりますので
時折にでも覗いて頂けたら嬉しゅうございます。

インスタグラムをご覧い頂いている方には、
重複しております内容も時にあるかとは存じますが、
今年ひとつめのDIARY、どうぞお付き合いくださいませ。


今日は新春らしく御目出度く、赤づくし。

写真下左は総クロコダイルの籠Bag。
ハンドルは牛革、内側はスエード。
金具類は一切使用せず、すべて革だけで仕上げるのが私どものスタイルでございます。
クロコにギャザーを寄せるという遊びが、
わたくしらしいデザインでしょうか。

右下は牛革に無数のカットを施した、
顧客様の間では'鱧(はも)の骨切り'と呼んで頂いている
大変手の込んだ特殊な革でつくりましたトートバッグでございます。


赤20170107籠Bag.jpg20170107鱧赤トート.jpg



新しく京都のアトリエの設立に伴い、
この一か月余り、これまで倉庫に預けていた大量の革を一旦東京のアトリエに手元に引き取り、
2か所に振り分ける作業をしております。

そんなことで、どうしても、ところどころに革の束など写ってしまい御目苦しいのは、
どうかご容赦下さいませ。

イタリアはPIACENZAの真紅のカシミヤで作ったスリーピース。
昨年の夏は麻シリーズで随分ご覧頂いた生地違いとなります。

腕に掛けているダークグリーンはカシミヤニットシリーズのケープ。
手に持っているのはリアルレオパードの籠Bag。

赤20170107HAORIスリーピース.JPG



わたくしの相棒、春♀満11才でございます。
以後どうぞお見知りおきくださいませ。

クリスマスイブ、御揃いでちょっとおめかした折の写真でございます。

♀2017サンタ春.JPG



一般のブランドとスタイルがかなり異なっております。

共通したご質問等のお返事につきまして、しばらくの間少しずつでも
こちらに綴って参りますので、宜しかったら引き続きご覧頂けたら
幸いでございます。



本日よりしばらく京都のアトリエ在となります。
今年の最初のご予約は1月15日のアポイントより受け賜っております。
ご希望の方は、CONTACTページよりご登録の上メールを送信頂けたらと存じます。

お問い合わせ:
Atelier Nobuko Nishida
mail:studio@nobuko-nishida.com
tel:03-6273-1146(京都在中はわたくしの携帯に転送されております。)



2017年お人とわたくしがつくりますモノ達との良きご縁が
結ばれます事を願っております。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


                      デザイナー西田信子

                      2017年1月7日



お知らせ申し上げます。
Posted on 2016年12月 1日 15:27 under BAG&洋服, NEWS!

今日から師走、おついたち。
早いですね、、、 ほんとうに、、、
困ってしまいます。


先週京都に居りました時に、東京では雪が降ったと聞きました。
今年はどんな冬になりますのでしょうね。

我が家の春♀は雪大好き。
いつも足の冷たいのも厭わずお散歩をねだりますが
さて今冬の気候はどうでしょうかと思っております。


籠Bag winter white.jpg


上の写真は、片手に乗る程の一番小さいサイズの籠Bag。
淡雪の様なフワフワ純白のミンクとオフホワイトのオーストリッチとの組み合わせ。



雑誌エクラ2017年1月号の巻頭ページ、ウインターホワイトの特集で
Nobuko Nishidaの牛革の白い大ぶりのトートバッグをご紹介頂いています。
美しく撮って頂いています。是非ご覧になってくださいませ。

エクラさんでは続いて2月号でもトートバッグを掲載頂きます。
こちはらまた追ってお知らせさせて頂きます。

月号eclat20171.JPG




一週間の引っ越し作業で京都から戻ると、
代官山はすっかりクリスマスモード。

アトリエの中のショーケースもChristmas Redと呼んでいる
ミンクXクロコダイルの籠Bagを真ん中に配してディスプレイを華やかに変えてみました。


籠Bag Christmas red.jpgのサムネール画像




さてさて、最後に大切なお知らせでございます。

今年最終月、12月のPrivate Exhibitionは、
10日(土)、及び22日(水)の2日間とさせて頂きました。
共に12:00~で承ります。
どうぞご希望のお時間を以下迄メールかお電話でお知らせくださいませ。

Nobuko Nishida Atelier
mail:studio@nobuko-nishida.com
tel:03-6273-1146


尚、別途、以下の3日間も個別のご予約を賜わらせて頂きますので
ご遠慮なくご希望の日時をお知らせ下さいませ。
23日(木祝)~25日(日)
*今年のご予約は25日(日)を最終日とさせて頂きます。


そして、少し早いですが、、、
年明け1月のPrivate Exhibitionのお知らせも一緒にさせて頂きます。

わたくしの大好きな小正月、女正月、おめでたく1月15日(日)と
させて頂こうと思います。
久しぶりに、着物でも着て、Nobuko Nishida恒例、寿ぎの樽酒、升酒で、お運び頂いたみなさまと
一年の無事を願いながらお祝いできたらなどと存じておりますので、
是非、ご予定にお入れ下さいませ。


寒くなりました。お出かけも億劫になられているかと存じますが、
お一人でも多くの方々と今年最後の御目文字、そして年明けのご挨拶が叶います事願ってお運び
心よりお待ち申し上げます。

みなさまどうぞ暖かく。

                               西田信子拝


カシミヤ新作アイテム!!
Posted on 2016年10月22日 19:10 under BAG&洋服

毎年冬の定番、カシミヤのロンググローブ。
気温の変化にクイックに対応できる自信作でございます。
一度お使いいただいた方には、その重宝さ実感頂いているかと存じます。


ブラック、ダークネイビー、チャコールのクラシックカラーに加えて
今年はフーシャピンクやロイヤルブルー、そして今最も気分のキャメルや
杢迄10色展開。

Nobuko Nishidaは大量生産致しませんので
特に鮮やかなカラーにーついては、一色2枚~3枚のおつくりとしております。
ご希望の方はどうぞお早めにお選び頂けたらと願っております。

cashmere20161222-3.JPG

cashmere20161022-4.JPG


cashmere20161022-6.JPG

綺麗でございましょ?


スヌードやストールも揃えました。
世の中に数多あるアイテムではございますが、
Nobuko Nishidaのパンツやセーター、ZUKINやHAORIといったカシミヤニットのアイテムと同じ糸、風合いで揃えて頂くと、全体の印象に統一感が生まれて素敵なはず、とおつくりしてみました。

ふんわり軽くて柔らかな手触りと感触をお確かめ頂けたらと存じます。

cashmire20121022.JPG cashmere20161022-2.JPG


少しずつでも、
既にお手持ちのNobuko Nishidaのアイテムを引き続きご愛用頂けるようにと
工夫しておりますので、引き続き長くご愛顧頂けましたら嬉しゅうございます。

わたくしは先ほど、一泊京都から戻りましたが、
寒暖の差がとても激しゅうございました。
日が随分短くもなりましたね。
みなさま、どうかお風邪など召されませぬ様に暖かくなさってくださいませね。

そして引き続き、素敵な週末をお過ごし下さい。



                              Nobuko Nishida

*旧DIARY(=初回2009年5月14日~2014年1月24日迄)の閲覧はこちら