2016年5月
NASA改めバルタンファミリー。
Posted on 2016年5月31日 19:39 under BAG&洋服

インスタグラムの反響を思いのほか頂くので
なんだか俄かに楽しく、、、
申し訳ありません!お約束しながら、、、こちらが滞ってしまいました。


さて、明日は久しぶりのフリーオープンでございますので、その前に
このところ集中してお尋ねの多いシルバー箔の小ぶりのトートについて
UPさせて頂きますね。


何センチ?というお尋ねの方が時折いらっしゃいますが、
あまり数字でお知らせするのは得意でないのでございます。
身長156cmの私の体でそのサイズ感をご理解頂けたらと
以下写真にてご紹介申し上げます。 
雰囲気を感じ取って頂けたら嬉しいのですが、、、


現在3つ。
少しずつ違うバランスで揃っております。
こういう微妙なサイズ感の中でチョイスがある事の方が希なので、
却ってみなさま迷われるかもですが、、、
どれをお選び頂いても間違いないと確信して製作致しました。


20160531-1.JPG

オールマイティー。
お共頂ける頻度は高いでしょうかと。。。



20160531-2.JPG

この横長は着物にも〇。お扇子も入る大きさ。
クラッチのようにして抱えて持って頂いても良いかと。
和と洋の両方をカバーできるイメージでデザインしたバランスです。



20160531-3.JPG

ミニミニのこの子は、まあ、、、とことん、やんちゃな感じですね。 笑。



わたくしが着ておりますのは、
TOPSは昨年夏のコットンカットソーのマスタード。
ボトムスは今年のハーレムパンツのタイガーズアイ。
微妙なカラーのニュアンスの上下のセットアップが楽しい!。
昨年お求め頂いた方は是非、こんな風に今年夏の新色とミックスして
楽しんで下さいませ。

*昨年のコットンカットソーで展開致しました3色:マスタード、スカイブルー、テラコッタは
 すべて完売しております。 今年は新たな4色展開でございます。


明日いいお天気であります様に!

                          Nobuko Nishida




6月フリーオープン日のお知らせ
Posted on 2016年5月24日 17:46 under Others

IMG_0515.JPG


急に初夏の様な陽射し。
暑くなりましたからか、お急ぎ夏物の洋服のお尋ね多く
とりいそぎ6月のフリーオープンのお知らせさせて頂きます。


6月1日(水)&11日(土) 共に12:00~17:00


両日共に時間中何時にお運び頂いても結構ですが、
事前にお名前とご連絡先のお知らせをお願いしております。
尚、3名様以上でのお運びは、スペースの関係上、フリーオープンとは別日に個別のご予約を
お願い申し上げます。

ご理解とご協力をお願い申し上げます。

*1台分の駐車場のご用意がございます。
 ご利用ご希望の方は合わせてお知らせくださいませ。

 
                                      Nobuko Nishida

お問合せ
Atelier Nobuko Nishida 
mail:studio@nobuko-nishida.com
tel:03-6273-1146


Artist Smock Dress/Mastard
Posted on 2016年5月21日 10:45 under BAG&洋服, Others

IMG_0355.JPGのサムネール画像



麻の生地をたっぷり使ったArtist Smock Dressは7色展開。

今日ご覧頂くのはマスタードカラー。
掛けているロングネックレスは数年前、手持ちの石やフェザーを
麻糸に絡ませながらつくりました。
確か3日程集中して一気につくった記憶が、、、

こういう手先を細かく使うことがほんとは一等好きなんですが、
もう今世では時間がない、、、です。 ナ、ミ、ダ。



IMG_0360.JPGのサムネール画像のサムネール画像 IMG_0364.JPGのサムネール画像
 

長く長くして、後ろ姿も抜かりなし! なように致しましたの。
だからBackも贅沢にたっぷりギャザーのとったこのドレスにピッタリ。


IMG_0358.JPGのサムネール画像 


そろそろ来月のフリーオープンの日程を決めてご案内をと思います。
色んな曜日に催して、様々にご都合が合われるようにと努めておりますが、
リクエストがおありでしたらお知らせ下さいませ。

合わせて、個別のご予約も賜っております。
(制作の関係上、当日のご予約はお受けしておりません。
できましたら数日前までにご連絡頂けますようご理解をお願い申し上げます。)

Atelier Nobuko Nishida
mail:studio@nobuko-nishida.com
tel:03-6273-1146(作業中はお電話に出られない事多くご不便お掛けしますが、
 その場合はわたくしの携帯の留守番電話に転送されますのでメッセ―ジをお入れくださいませ。
 後程こちらよりお掛け申し上げます。)


さて、今日は久しぶり、鱧の骨切りのレッドのミニトート制作に励みます!


                                                                 Nobuko Nishida



着物 &籠Bag
Posted on 2016年5月18日 11:11 under BAG&洋服, NEWS!, 着物

インスタグラムをご覧頂いた方から最も反響を頂いているのは、
圧倒的に着物の写真についてでございます。

ここDIARYでは久しく着物のことは触れておりませんでしたけれど、
以前時折UPしておりました時にも、
実は、制作過程やわたくしの商品についてより最もメールを頂くのが着物でした。
(ちょっと複雑? 笑)


元々バッグの制作を始めましたのも、
着物の時に持ちたいバッグがなかったということが大きな理由のひとつでございました。
いわゆる'和装用'と言うのでなく、洋服にも合わせられて
そしてお人と一緒にならないものが欲しくて籠Bagをつくりはじめました。


ですのでやはり着物と着物まわりというのはわたくしからは切り離せない世界なのだと
改めて感じ入っていることろでもございます。


インスタグラムをご覧になられない方からのご要望もあり
今日は3つだけですが写真をUPさせて頂きますね。
(全部ご紹介していますと時間が、、、そして、インスタグラムを始めた意味がなくなってしまいますので、笑、何卒ご容赦くださいませ。)

IMG_0247.JPGIMG_0249 (3).JPGのサムネール画像
   


昨日の東京は雨でしたので、
名前を入れて頂いて大事に使っている雨傘と、朱塗りの雨下駄の写真をUPしてみました。

海外に住む友人達にも興味深いアイテムだったようでメールが届きました。
下駄は、アスファルトの都会ではちょっと足元が危なくて難しいアイテムですけれど
やはり風情がございますね。


20121024-3.jpg


着物の時はやはり籠Bagを持っていることが多く、
今朝投稿した上の写真でも手にはこのバッグ。


紫の着物はなかなか色合わせを上手にまとめるのが難しくまだまだ勉強中でございますが、
練色の帯締めと、キャメル色のバッグでなんとか無事に着地?!できましたような、、、
気が、、、しておりますが、、、如何でございましょ?


牛革の鱧の骨切りとクロコダイルのコンビネーションの籠Bag。
過去にこの素材同士の組み合わせはこの1点と、ブラックヴァージョンの1点の計2点のみ。

籠Bagの中で変らず一番リクエストを頂いているのは総クロコですが
鱧の骨切りは少し絞りみたいな雰囲気もありますのでこの組み合わせも着物にも良く合いますね。
久しぶりにつくろうかしらん、と思い始めてもおります。


ここ数年トートバッグが制作の中心でございました。
特にNHKの番組、'美の壺トートバッグ編'でご紹介頂いてからの
この2年間は特にひたすらにトートをつくって参りました。

今年後半は、トートのペースを少し緩め、
Nobuko Nishidaがスタートした頃に立ち返って
久しぶりに籠Bagの制作に力を入れて、とも考え始めてもおります。
これはインスタグラムを始めた事で俄かにより強く感じていることでもございます。

手間と時間が掛ります為、さて一体いくつつくれますかわかりませんが、
少しずつにでもと思っております。

アトリエで予約制の個展か何か、、、ができましたらと、
そんなイメージを抱きながら準備に入ろうと考え始めてもおります。
詳しくは、また追々ここDIARYでご紹介させて頂きます。
(*これまで通り、制作にかかわる事、商品のこと等 Nobuko Nishidaの活動に直接関係する
 情報については、ここDIARYで一番に、且つ詳細を綴って参りますのでご引き続きまして
 ご覧頂けたら嬉しく存じます。)
 
                              Nobuko Nishida

I start Instagram!
Posted on 2016年5月16日 11:25 under BAG&洋服, NEWS!, Others, 制作風景, 春♀, 着物

Happy Monday again!!


2009年5月14日に始めましたこのDIARY。

早いもので気が付けば丁度丸7年。
お陰様で8年目に入ることと相なりました。

時折途絶えることもございましたが、
その時その時想う事、
私なりに拙い文章ながら、真面目に真摯に、そして丁寧に綴ってきた
つもりでおります。



自分のつくりますBagや洋服と同じように、
世の中に向かって発信する限りにおいては責任をと
ある一定の節度を以て、
わたくし自身の仕事=製作のスタイル、活動を
よりご理解頂ける様にということを軸に、
それから大きくかけ離れるようなことは安易に文章でも写真でも載せないよう、
みなさまとの一定の清潔な距離を保てる内容でと
努めてきたつもりでおりますが、如何だったでしょうか?



一方で、
もう少し違うリズムで、もう少しリラックスした角度でお客様に、新しくお人に、社会に、
そして愛する友にNobuko Nishidaというもの=わたくしがつくりますもの、
をもっともっと知って貰いたい、見て頂きたいという気持ちが徐々に生まれて参りました。


あくまで一人で致す、そしてこれからも限界までひとりで致したく思っております。
デザイナーであり作り手であるわたくし西田信子というものを表現することが
Nobuko Nishidaという存在を、もっと知って頂くことに少しでも繋がればと
考えるようになりました。


20160516.JPGIMG_0073.JPGのサムネール画像
IMG_0067.JPGIMG_0186.JPG
20150815-1.JPG20150815-2.JPG
3016.JPGIMG_0201.JPGのサムネール画像



大好きな着物廻りのこと。
和の時間。


IMG_0154.JPG20140311-5.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 20140728-Mark toto2.jpegのサムネール画像


Nobuko Nishidaのトートバッグの最も長く、且つハードな使い手であり
DIARYではお馴染みソールメイトMarkのこと、そして気の置けない友との時間。



IMG_9809.JPG

大事な道具達のこと。



IMG_9864.JPG

アトリエでの大切な人々と過ごすかけがえない時間。
わたしなりの心ばかりおもてなし。



IMG_9784.JPG 

20141024-5.jpgのサムネール画像 

私が美しいと感じるモノ達のこと。




6762.JPG


我が永遠の師、ヴィヴィアンとのこと。
(左:英国デザイナーVivienne Westwood /中央:不肖わたくし西田信子/右:Andreasは彼女のご主人でありブランドを受け継ぐデザイナー)




4668.JPG

旅のこと。



IMG_0183.JPG

私の一部、春♀のこと。




20141116-8.JPGのサムネール画像


そして我が愛する同士、革のこと。


etc...

以上のような、
HPとは違ったわたくしの世界の一部を切り取って
発信し始めました、インスタグラム。

長くこちらをご覧下さっている方には、時に懐かしい映像もめて
DIARYとは少し違った目線で、心軽やかに柔らかく、そして少しリズミカルにを心に留めつつ致しております。

スタートして一か月。
まだまだ心もとない感じにて、
実はもう少し経ってからお知らせをと思っておりましたが、
7年前のちょうど今皐月の中ごろに始めたDIARYと同じタイミングでと
エイッ!とご案内させて頂くことに致しました。


このDIARYは今までと同じスタンスを守りつつ、
新しい何かを求める為に、
その分少しだけ自分を'晒す'という冒険です。

それが正しいと信じて致しましたが、
違和感を感じたらすぐに辞めるつもりでもおります。

いつも試行錯誤、これからも行きつ戻りつで
けれどNever give upで参ります。



ご興味のある方だけフォロー下さったらとお知らせ申します。

Instagram
nobuko_nishida


                                                                              




 




フリーオープンのお知らせ。
Posted on 2016年5月12日 12:53 under BAG&洋服, NEWS!


淡いピンクが入った百合が、それは柔らかな優しい匂いを放ってくれています。



IMG_0034.JPGのサムネール画像


一昨日のDIARY 'HAPPY MONDAYで行こう!'の直後から
沢山のメールを頂きました。 

この半年で一番の反響に、
同じ想いをお持ちの方が多くいらして下さったことに
心がじんわり暖かくなるような、、、
とにかく、励まされております。



さて、
お待たせ致しました。
ウオッシャブルウールのダークグリーンのカットソーが上がって参りました。
ご予約を頂いていたお客様におかれましてはこれよりお送りさせて頂きます。




少し前のDIARYでUPさせて頂いていた下の写真。
彫刻の女性が羽織っているケープは鱧の骨切りの手法を
厚い革で施した革でつくったものです。

アトリエにお運び頂いたお客様がみなさま一様に
わたくしの作と思われなかった、革だと気付かなかったと
仰るのが少し意外でございます。

実際には、洋服の付け襟として製作しました革のアクセサリー。

似合いそうなので、
ちょと彼女に着せてみたのでございました。


20160501-1 (1).JPG 20160501-2.JPG


では、久しぶりのフリーオープンは明日、
13日(金)12:00~17:00。

あとお二組様でしたらご予約承れますので、御希望の方はメールか電話を下さいませ。

Nobuko Nishida Atelier
tel:03 6273 1146
mail:studio@nobuko-nishida.com

 

Happy Mondayで行こう!
Posted on 2016年5月 9日 19:55 under BAG&洋服

Artist smock Dress。

わたくしのようなちんちくりんモデルでも、
ハンガーに吊るしていたのでは判って頂けないシルエットやボリューム感や
素材の雰囲気等をご理解頂けたようで
俄かに沢山の反響が。。。

いと嬉しゅうございます。


今宵は、ピーコックブルーヴァージョンをご覧頂きますね。
(実際はもっとエメラルドグリーンが入った深い色で、圧倒的に実物の方が美しい!のでございます。)


IMG_9999.JPG




そして、お待たせ申し上げました。
無事に、'鱧の骨切り'小ぶりトートの3つが揃って完成致しました。


少しずつ表面のカットの加減、そしてサイズが異なります。
真ん中が一番艶があって女性的な次女。
右端はしっかり屋さん、シャキッと姿勢も美しい男前長女。
左端は、くにゃりと甘えん坊さん末っ子な感じ、とでも申しましょうか。


こうして揃いますと、いかにひとつひとつの個性が異なるか
お分かり頂けるかと。


(写真ではすべてグレーっぽく写っておりますが
実際はTHE BLACK!でございます。)

IMG_0002.JPG

左から横巾約24cm、26cm、29cm。

小さく見えますが、マチのマジックで、真ん中のサイズでA4どころか
雑誌が3冊収納可のキャパシティーのある働き者でございます。



入れ子にしてみたりして。。。 笑。

IMG_0003.JPG


ピッタリ仲良し三姉妹。

背(=高さ)はほぼみな一緒。
横巾とマチの深さが少しずつ違うのがお分かり頂けるかと存じます。


今回は3つ共、ほんの少~しだけですがいつもよりハンドルを長くしておりますので、
お着物の方にも良いかと。 お袖廻り、少し余裕があると美しいですからね。


如何でございましょ?
お好みのトートはおりましたでしょうか?


*次回フリーオープン:5月13日(金)12:00~17:00

         お時間は上記内いつお運び頂いても結構ですが、以前と違い
         事前の一報をお願いしております。又、3名様以上でのご希望は
         アトリエのスペースの都合上、別日にご予約をお願い申し上げます。
                             
         
    Nobuko Nishida Atelier/ tel:03-6273-1146
               mail:studio@nobuko-nishida.com
                                                               
      
 

追記)
                             
長いお休みの明けの月曜日、
どなたさまも少しお疲れのこととお察し申し上げます。

明日から少しずつ、自分らしい本来のリズムに戻しとうございますね。

わたくし自身、
休日も平日も分け隔てなく
両方を慈しんであげたいな、
そんな気持ちで今朝を迎えました。


生きているこの毎日が、
ある人にとってのお休みも、違う人にとってはそうではなく普段通りの働く日、
ある人にとってのハレの日、幸せな日も
同時に別の誰かにとっては違う意味を持っていたり致します。


こうして直接お一人おひとりのお客様と対面するスタイルを
通しておりますと、色んな方がおいででいらっしゃり、憂いを抱えておいでになる
時にお目に掛かることもあり、
毎日が決して当たり前でないと、そんな事を年月を重ねる毎に深く感じ入っております。


ブルーマンデーなんてないというか、言ってはいけない。
そんな風に考えるのは贅沢というか、もったいないというか、、、
今日という一日が可哀そう、そして申し訳ないような、
そうつとに最近想うのでございます。


暦はこよみ、カレンダーはカレンダー。
実のところ、時はそれに関係なく瞬間瞬間が繋がっているのですもの。



な~んて、語ってみたりして。。。 笑。

大変失礼申し上げました。

おやすみなさいませ。
                           Nobuko Nishida
        





麻 X 木 X 鉄色
Posted on 2016年5月 8日 13:53 under BAG&洋服


IMG_9963.JPG


今日ご紹介するのは、Artist smock dressの鉄色を帯びたカーキ。

超ミニミニトートは、樹皮シリーズの、こちらもカーキ。


IMG_9975.JPGのサムネール画像


合わせた木製のネックレスは、わたくしがまだ幼少の頃、
確か小学校入った位ではなかったでしょうか、父から贈られたものです。

幼かった当時のわたくしの身長の半分ほどもあろうかと思われる長さと
そのあまりに大人びた雰囲気に躊躇った記憶がございます。


それでも珍しい父からのプレゼント。
ずっと大切にしまって、時折手入れしたりしながら長い間眺めて参りました。


あれから何十年も時が経ち、ようやく似合う年齢に。


新しく出来てきた麻のドレスに合うのでは? 
と先程アトリエでディスプレイしてみましたら、やはりしっくり馴染みました。



さて、東京は今日もいいお天気。
アトリエの窓を全開にして気持ちの良い風を感じながら
これから'鱧の骨切り'Blackの製作の続きと致しましょう。

無事に完成致しましたら、お待ち下さっている方が多くいらして下さっている様ですので
今宵のうちにUPさせて頂きますね。


では、みなさまも最後まで新緑の休日を愉しまれて下さいませ。

お目に掛かれましたらまた今宵に。

                       
                         Nobuko Nishida



'鱧の骨切り'シリーズ
Posted on 2016年5月 6日 22:33 under BAG&洋服


最近、日を追うごとにリクエストを多く頂戴するのが
'鱧の骨切り'(=表面に無数の切込みが入った牛革)シリーズ。

展示会やアトリエ、そしてこのDIARYで何度も御覧になった上で
'これ'と決めてお尋ねが多いのに驚いております。
もちろん、とても嬉しゅうございます。

特に、ひとつめにナッパのトートを御購入頂いた方で
ふたつめにとお求めくださる方が多い様にお見受けしております。


特に横幅25cm~30cm程の小ぶりなサイズは
製作してもすぐに旅立ちます。(わたくしにとてはそれは嬉しいことであり理想的現象。)


下の写真のふたつ、少しずつ大きさも革の艶加減も異なるブラックとキャメルの片身替わりも
先日完成して程なく、ひとつは京都へ、もうひとつは名古屋へとお陰様で無事にお嫁に参りました。

20160424-1.JPG





そして、今つくっているのは、片身替わりと並んでご要望の多いBlack一色。
少しずつ違う大きさで3つ製作中でございます。


今夜は、その中で最も大きいサイズを裏返して内側の革を磨いている段階で
タイムアウト。

IMG_9941.JPG


無理は禁物。

でもなんとかGWのうちに仲良く三つ揃って生みたいなあ。。。



続きはまた明日。
DIARYもUP致しますでございます。


                          Nobuko Nishida



GWの夜に。。。
Posted on 2016年5月 6日 12:05 under BAG&洋服, Others, 春♀

海外組の来日が続くこの時期、
例年以上に愉快で賑やかな夜が続きました。
GW中、外での食事はちょっと大変そうなので
アトリエで簡単な料理をつくってわいわいと致しておりました。


昨夜は久しぶりの一人静かな時間。
急に思い立ってエイッ!とJAZZ LIVEへ。


美しく、愉しく、素敵な音楽に身体を柔らかく預けておりましたら
ふと気が付くと涙が。。。

心身が解き放たれた時に自然と流れる涙。
感動の涙。

忘れていた感覚でございました。


そんなすばらしい夜から開けて
今朝は気持ちも清々しく、一日製作に打ち込めそうでございます。


IMG_9898.JPG



上の写真は、そんな昨夜のわたくしでございます。
昔、ヨーロッパの画家達が来ていた、たっぷりギャザーのある白い作業用のシャツブラウスを
イメージししてデザインした、名付けて'Artist smock Dress'で出掛けました。

このドレスは、これまでで一番私らしい、Nobuko Nishidaらしいデザインだと自負しておりますので
ございます。


生地は麻で、この写真のブラックの他に5色。
一着つくるのに生地を贅沢に随分と沢山使いますので、各色1反ずつ布地を用意しましたけれど
ほんの少ししか出来ません。 どの色もニュアンスカラーで美しく、嬉しいことに、
今までのところ、みな同じペースでお嫁に行ってくれていて喜んでおります。


このドレスと超ミニミニトート、そして上の写真で持っております籠Bagはとっても
相性がよくてバランスが綺麗、かと。





IMG_9909.JPG


ご近所のお花屋さんもMother's dayということでお忙しそう。

まだ数日はアトリエの中でのお人との夕食が続きそうなので
匂いの柔らかな淡いピンクのリリーをお願いしました。


GW後半、みなさま素敵な時間を過ごされます様に。


わたくしめは、今日は鱧の骨切りブラックのトートの製作に勤しみたく思っております。

お会いできましたらまた今夜にでも。


                         Nobuko Nishida
  









*旧DIARY(=初回2009年5月14日~2014年1月24日迄)の閲覧はこちら