2015年11月
祝!夢の'だんじり'完成!
Posted on 2015年11月27日 12:20 under 制作風景, 春♀

工事はあと少しのリタッチを残しほぼ終了。

昨日は、わたくしの長年の夢だった、革の収納棚の入替え。

総重量500キロの重みに耐えかねて歪み始めていた旧棚。
20151127-1.JPG



革を全部取り出し、
20151127-10.JPG


ひたすら取り出し、
20151127-9.JPG


兎に角、取りだして、
20151127-8.JPG



移動させ、

一枚一枚革のコンディションをチェックしつつ、

巻きなおし、

種類別、色別、素材別に整理。


IMG_7613.JPG

20151127-14.JPG


危ないからね、春坊。 カートに入れて避難しようね。 

私の気迫に、彼女も流石にとってもりこうさんにしてくれました。

20151127-12.JPG



新しい棚は、市販のものでなくオリジナルに一から製作。

500キロの重みに耐えて、且つ、わたしひとりででも可動できるものにしたかったのです。

20151127-4.JPG


結果、搬入と組み立てに男性4人がかりの大仕事を要するモノに。

20151127-6.JPG



そして、またまた、ひたすら革を元に戻して、

20151127-3.JPG

夢の'革のだんじり'が完成!


How gorgeous!!

20151127-13 (2).JPG


ということで、昨日一日で
500キロX2=1トンの革を運んだことに。


展示会前にこんなに体に負担がかかる作業をするのは賭けでしたけれど、
事故なくやり遂げられて安堵。 
我ながら、自分のガッツに感動。

でも、実は、、、
アトリエ以外の場所に、この何倍もの量を倉庫で保管・管理しているのです。 
離れて暮らす彼らの状態を常に気に掛けながら、わたしは日々を過ごしているのでございます。


誰にも簡単には真似できない仕事とスタイルを貫いていることに、昨夜は誇りと
そしてそれが出来ている事に深く感謝しながら、
その充実感とそして疲労で、久しぶりに泥のように眠ることができました。

この夏のはじめから随分と苦しんだ不眠症のトンネルからも、
ヴィヴィアンとの時間と、アトリエの工事を経て、ようやく抜け出せつつある様な気が致しております。
あと来月の展示会をやり遂げたら、きっと明るい陽射しにまた辿りつけるはずと信じて、
もうひと頑張り、清潔に努めたく思っております。


今日は流石に腰が痛みますが、
幸い、腕も指も無事。 動きます。 笑。


展示会まであと2週間。 
気を引き締めてまた制作に没頭致します。
                                             
                                       Nobuko Nishida








 

今日はBig Day!
Posted on 2015年11月24日 08:38 under Others, 春♀


20151124-3.JPG 20151124-7.JPG

わたくしの仕事は動物が相手。
みなさんが想像される以上に体を酷使致します。

女性の割に随分力はある方だと自負しておりますし、
日々それなりにトレーニングも積んで鍛えておりますけれど、
残念ながらやはり殿方の様には参りません。

手先だけでなく、体全部を駆使しなくては決して形にならないものでございます。

Bagをつくる工程の中で、最も体力を消耗するのは、
手縫いでもなく、裁断でもなく、
もしかしたら、'磨く'という作業かもしれない。
と、最近感じております。


これも何度か既にDIARYで記しておりますけれど、
Nobuko Nishidaの革の全面、すべての端は磨いてございます。
その事により革が引き締まって強くなることに加え
艶が出て美しく、そして色も摩擦熱により少し濃くなり
そういう細部の集合が、Bagの'顔' '表情' '個性'となります。

注意)但し、これは、化学薬品を全く使用しない特別な製法で鞣(なめ)された牛革
    のみに当てはまることで、それ以外の革には適応されませんのであしからず。


'そういう誰でもできそうなところは人を雇ってお任せしたら?'と
心配して下さる方もいらして下さいます。

けれど、
どんな工程も単純作業ではなく、
そこには加減というものがあり、
人には任せられない、のです。

すべてに理由があり、
すべてが重要な工程なのです。


こういうタフな仕事を一体いつまで続けられるのか、、、
そんなことが、近頃は制作しながらも頻繁に頭によぎります。

いつもこれが最後の展示会、というような
そんな想いで精一杯に致しております。
決して大袈裟でなく。。。 本当なんです。

なので、お運び下さいませね。



さてさて、、、

20151124-5.JPG


連日朝8:00から夕方日が暮れるまで続いたアトリエの工事も
今日がいよいよ最終日。

一昨日まで、一見 'ほんとにあと2日で終れるの?'と思われるような状況でした。
でも私は全く心配しておりません。


だって仕事の段取りってそういうもの。


深いベースの準備の部分は時間が掛るもの。
そこをしっかり辛抱強く丁寧にしていれば、
最後に一気に唄うように仕上げられることも。


着物も着てしまってからいくら帯を締めなおしたり、あっちやこっちを引っ張ってみてもダメ。
肝要なのは、正しい姿勢で御襦袢をちゃんと着られていること、
だというのが経験からくるわたくしめの持論。


よく、'ひとつのBagをつくるのにどれだけ時間掛りますか?'と
質問頂きますけれど、実は、、、、、チョット苦手です。
(わたしも過去にはついついお人には聞いてしまっていましたけれど、、、笑。)

特殊な革の場合、その開発や手配に2年費やすこともありますし、
道具の手入れも相当に時間が掛ります。
そういうすべての材料、道具等が目の前に揃ってから実際のBagをつくると作業いうのはむしろ
わたしにとっては氷山の一角、ほんの表層部分。




お話変って、、、

20151124-2.JPG


反省中の春♀。

訳は背後のマットをご覧ください。



20151124-1.JPG

でも、仕方ないよね。
慣れない環境に貴女もさぞやストレスだったことでしょう。
工事中、よく頑張ったね。


あと一日の辛抱。
素敵になった空間で一緒に記念写真撮ろう。


今日はBig Day!
最後まで、どなた様も(春♀も!)怪我なく、事故なく、無事に終わります様に。

                                         Nobuko Nishida





どこまでも働き者!のナッパレザー。
Posted on 2015年11月22日 08:42 under BAG&洋服, Others, 春♀


出来上がりました!
ナッパレザー(=柔らかくて軽い単色の革)のキャメル。


そしてブラック(横幅約22cm)。 この位の小さいサイズでナッパレザーというのは
滅多につくらないので、良くお運び頂く方でもご覧になられた方は極僅かでいらっしゃるはず。
 
20151121-1.JPG


何故なら。。。

ナッパレザーはその柔らかさから、トートバッグの内ポケットに最適。

20151122-3.JPGのサムネール画像


なので、ナッパ以外の総ての革、上の写真のカモフラージュは勿論のこと、
鱧の骨切、モザイク、樹皮、etc...の総てに使用しています。

ゆえに、ナッパ革のトートバッグを裁断した後に残るナッパ革はとても貴重。
いつも不足気味。
という訳で、逆に小さいサイズのトートを作る余裕はないので敢えてつくる
事が無いのです。


今回は、特に展示会全体の空間とそして商品構成のバランスを頭の中に
描きながら制作を進めています。

一巡して、
このナッパという一見シンプルな定番の革の持つ魅力を感じて頂きたく、
色んなサイズ・カラーでご覧頂けたらと、
複雑な革のバッグを数点断念してでもと思ってつくっている中のひとつが
このナッパの小さなサイズシリーズでございます。

そういう御目で改めて会場でみてやって頂けたら、
いつもは黒子、縁の下の力持ち!のナッパレザー達も、きっと喜ぶことでございましょう。


Nobuko Nishidaがオーダーは一切お受けしないという理由はもう
何度も何度もDIARYで記させて頂いていますが、
既述の理由の他に、このナッパレザーの役目のことも実はございました。


Bagをつくるリズムは、
こういった、革の手配や美し革を無駄のなくベストなタイミング・状態で使用して
行きたいという制作過程全体のバランスという重要なファクターもあるからなのでございます。

オーダーをお受けた順番で縛られてつくると
色んな意味で健康的でなく、自然に逆らうといのでしょうか、、、
時間的、コスト的にも無駄がとっても多くなってしまうんです。


 20151122-7.JPG20151122-2.JPG20151122-6.JPG


今週末は3連休なんですね。
なんだか俄かに日本って、祝日がとっても多いよな。。

それって大丈夫なのかなあ。。。   なんて。

                                            Nobuko Nishida

     





ちっちゃいトート。
Posted on 2015年11月21日 12:24 under BAG&洋服

今年のDIARYの中で最も反響が大きかったのは、
6月24日付けでご紹介した私物のミニミニトートでございました。
(ご覧になられてない方は、右側のMonthly Archive の6月をお選び頂いて
その様子を是非、覗いてやって下さいませ。)


手のひらで隠れそうなその小さなルックスに比しての
収納力に驚かれた方が多かったようでございます。

まだ使用しはじめて7か月程度ですけれど、
毎日使っているが故にこんなに育っていい感じ。
(アトリエ工事中に付、足の踏み場の確保さえままならず、
背景が写りこんで乱雑なのはご容赦下さいまして。)

20151121-2.JPGのサムネール画像

お嫁に行った、わたくしが大好きだった、
ハンドル色違いのミルクティカラーの子は今頃どんな風かしらん。。。
来月、展示会場で、逢えるかな。。
逢いたいな。

 

既報、3月パリでヴィヴィアン(=英国デザイナーVivienne Westwood)と
過ごした時(写真下 中央Vivienne女史 、左デザイナーでありヴィヴィアンのパートナーAndreas)
もこんな感じで持っておりました。

20151019-8.JPGのサムネール画像のサムネール画像 20151019-11.JPG



ご好評に付、今年の夏に同じ大きさでつくったミニミニトート達。
なんだかとっても懐かしい。。。

みんな元気かしらん。。。

20150914-1.JPG


変らずご希望多数頂いておりますので、
12月の展示会に向けていくつか制作をと思っております。

その子達の画像はここDIARYにはUPせず、
会場でのご覧頂くのを楽しみにして頂けたらと存じます。
(嗚呼、でも結局我慢出来なくて、お見せしちゃうかもです、笑。
既に憎たらしい程可愛らしい子ができているのですもの。。。ウズウズ。)


全部事前に写真をUPして欲しいと仰る方や、
当日の愉しみが無くなるのであまり見たくないという方ありで、
いと難しゅうございます。苦笑。



今日はもう一度夜にUPさせて頂けそうです。
では、後程に。

                                         Nobuko Nishida





DM発送申し上げました。
Posted on 2015年11月20日 05:46 under BAG&洋服, NEWS!

昨日19日、
12月の展示会のご案内を一斉発送させて頂きました。

クリスマスらしいビジュアル。
都内の方だと今日にでもお手元に届くのではと存じます。

  
20151120-1.JPGのサムネール画像のサムネール画像 

20151120-2.JPGのサムネール画像のサムネール画像



初めて展示会を致しました時、DMは200枚。
すべて手書きで致しました。

今回は3000枚を印刷。
わたくし個人で致しておりますNobuko Nishidaのスタイルとしては
明らかに多すぎる枚数。

 
展示会の運営方法合わせて
これを最後に、ご案内の方法も初期の頃のスタイルに戻ってと考えております。

これまでは、ご希望頂く皆さますべてにお送りさせて頂いて参りました。
ですが、お一人お一人をご招待するという気持ちをもってお迎えできる
わたくし自身のキャパシティー、
そしてお越し頂くお客さまに対して責任の持てる規模を考えますと、
どこかで一線を引かなければいつか事故に繋がる気がしてなりませんし、
それは絶対に避けなければなりません。

そして、毎回お送りしても、実際来られる方はその極一部でいらっしゃいます。
都度都度、今後につきましては、過去、そして今回の展示会に実際にお越し頂いた方がどなたかということも確認させて頂きながら今後のご案内とさせて頂きたく思っておりますこと
ご理解頂けたら幸いでございます。
(お買い上げ頂いた方は当然ながら把握しておりますが、それ以外の方で引き続きご案内ご希望の方は、いつもご用意しております会場入り口にてご記帳頂けたらと存じます。)


12月10日からの展示会DMの発送は11月30日を最終とさせて頂きます。
(ご希望の方は、お早目にCONTACTよりご登録の上、メールを送信下さいませ。)


さて、いつもながら
DMをお送りするとひと安心という気持ちと共に、
'さあ、もう戻れないぞ'というプレシャーが高まります。

あと3週間、体調管理にも神経を使いながら
制作に集中して参ります。


20151120-3.JPG


手前のバッグが今回新しく制作した
'鱧の骨切り'キャメルカラー単色のミニミニサイズ。
欲しいと仰っていた顧客様がいらっしゃったので
思い出してつくってみました。

もうすぐナッパのキャメルカラーのトートが完成致します。
こちらもご要望の多かった横幅30cm程の定番サイズ。

リクエスト頂いていた方々がこのDIARYをご覧になって下さっていたらいいのですけれど。。。



                                               Nobuko Nishida


キャメル
Posted on 2015年11月16日 13:26 under BAG&洋服, Others, 春♀


リザードの型押しの縦に深い大きいトートバッグ。

このバッグを持って、美しい自然の中の静かな旅館にチェックイン。
そんなイメージで制作致しました。

タテ40cm(ハンドル含まず) X ヨコ45cm X マチ17cm


20151116-6.JPGのサムネール画像



上写真右=下写真は小ぶりのハンドバッグサイズ。

20151116-5.JPG




昨夜は、先日と色違い・素材違いのワンピースに致しました。
少しグレーが入った品の良いキャメルカラー。
イタリアAGNONA社のコート用の生地で作りました。

柔らか、フワフワちょっぴりモコモコ。
'ぬいぐるみ'になったような幸せ気分が致します。

20151116-2.JPG 

ご覧頂いているキャメルとチャコールグレーがSOLD OUT。
展示会場にてご覧頂けるチョコレートブラウン1着がこの生地では最後となります。



20151116-1.jpgのサムネール画像


上に羽織ったジャケットは最も新しいデザインで
Nobuko Nishida初の襟付のショートジャケット。
イタリアLoro Piana社の光沢あるウールで作りました。

やわらかくて、軽くて、サッと羽織って出掛けるのにとっても便利。
パンツにも合わせやすい自信作。




20151116-3.JPG


お隣、TSUTAYAさんのクリスマスのデコレーションが始まりました。

木でできた馬、その首に掛けたにリース!
なんてセンスがいいのかしら!

素敵。

                                          Nobuko Nishdia







Dark Green な気分
Posted on 2015年11月15日 11:18 under BAG&洋服, 春♀

東京はしとしと。

日曜日の雨、
ほっと、落ち着きます。
こんな日は、春♀も少し大人しくしてくれるでしょうから、
きっと作業もはかどることでしょう。 
 



20151115-1.JPGのサムネール画像 20151115-2.JPG 

*上写真 手紬で織られた深いグリーンのノースリーブワンピースに
       ロロピアーナのオールシーズン対応のウール地でつくったジャケットコート。
       ハラコのショルダーバッグ。
       もちろん、すべてNobuko Nishida
       


何故か今月は海外組の東京滞在が多く、
夜は何かと出掛けることが続きそ、でございます。

少し前迄のわたくしだったら、
工事に展示会準備も重なるこの時期にはそんな心の余裕はなくて
全部断ってしまっていたな、きっと。

でも、私の中に確かにある種の変化があったかしらんと、、、感じております。
それを言葉にするのはちょっと時間が掛り過ぎそうなので、又の機会に。

ビッシリ詰まったスケジュールのパズルのところどころを少し小さく砕いて
友人と過ごすスペースを創ることにを意外と楽しんでいる私。
新鮮。 いい感じ。 そうでなくっちゃ。


そう、わたしの仕事は、リズムが大切。
走り過ぎるのも、スロー過ぎるのもダメ。

リラックスして過ごす気の置けない友、特に海外に暮らす彼らとの時間は
わたしが忘れがちになるブレス(息継ぎ)を思い出させてくれる、暮らしの素敵な'句読点'。

私に適度な解放と刺激を与えてくれます。


20151115-3.JPG


今やとっても貴重となった上質のハラコを使ったショルダーバッグ。

私の右腕。 随分と職人の腕らしく逞しくなってきました。 
お蔭様で、笑。





20151115-4.jpg


昨夜は、同じグリーンのワンピースの上に、
ダークグリーンのカシミヤニットのHAORIを羽織って。

以上の洋服はすべて12月10日からの展示会でご覧頂けます。
(グリーンのワンピース及び、ハラコのバッグは各1点のみのご用意となります。)


さて、今宵は何を着て参ろうか。。。

その前に、ひと仕事!
キャメルの続きを致しませんと!

                                           Nobuko Nishida



Brown Brown Brown!
Posted on 2015年11月14日 09:15 under BAG&洋服

20151114-6.JPG 20151114-5 (2).JPG

最近にUPしたDIARYの中では、最も反響を頂いたグリーンのトートバッグの色違いです。
ハンドルはブラックにと記しておりましたが、ブラウンに変更。
横長の大ぶりトート。 
この革は、グリーン同様とってもとっても軽いので、大きいものをお探しの女性の方に
是非お薦めしたいですね。




20151114-7.JPGのサムネール画像20151114-4.JPGのサムネール画像のサムネール画像

3月六本木でのBagの個展の折にはDMにも使用して一番人気のあったクロコダイルの型押しに
ブラックとブラウンの2色染めのとても凝った牛革。 こぶりのトート一つきりでした。
今回は横長の大きめトート、こちらもこのひとつサイズのみの展示になりそうす。
この革もとっても軽いので、ご旅行用とご普段使いの両方に重宝かと存じます。




20151114-2.JPG20151114-1.JPG

'石畳(いしだたみ)'のトート。 
横幅35cm位。ハンドバッグ的にもお持ち頂きやすいサイズ。

展示会には、同じ革で超ミニミニも一緒にご覧頂きます。




20151114-5.JPG

お待たせ申し上げました。
以前からリクエストの多い、最もクラシックな革のライン'ナッパ'&サイズ(=横幅約40cm)
&カラー'こっくりブラウン'。

いつもよりほんの少しだけ長めで細いハンドルで繊細な印象に仕上げました。



さて、今日からは、ブラウンと同様にご希望多く頂きながら
久しくつくれずにおりましたキャメルカラーの色々、'鱧の骨切り'やナッパ等の制作にと思います。


前回3月の個展では、男性にもお持ち頂きたいという気持ちもあり、マニッシュなテイストを
中心にという気持ちが強うございましたが、
今回はエレガントな感じのものをという気分。

これからの季節、ツイードのジャケットやスカート、柔らかいカシミヤニットなんかと一緒に。。。
なんていう映像をイメージしながらつくり進めております。


                                            Nobuko Nishida



NEW SPACE!
Posted on 2015年11月13日 10:56 under NEWS!, Others


アトリエの工事が始まりました。

バッグ制作の作業場、それに併設されたBagや洋服をご覧頂く
スペースとは別の奥の部屋。
そこには今まで書籍や布地等、大量の資料と、
そしてその中に埋もれるように子供用の小さなベッドで休んでいた私のプライベートな空間
がございました。

潔くそれらすべてをよその場所に移動させ
商品をゆっくりご覧頂く為のサロンと致すことに。

20151113-2.JPG




モノが無くなった同じスペース。

床のコンクリートも塗りなおして頂いて
私が思い描くイメージになるよう、これから一気に、徹底的に、新しい空間へと創り上げて
いきます。

20151113-3.JPG



職人さんが作業なさる気配を近くに感じながら、
わたしはわたしで展示会に向けてのBagの制作の手も順調に進めております。
  
このところ集中して一気につくったブラウンのバッグ達
近いうちにUPさせて頂きますね。

どれも大人でノーブルな顔に仕上がっております。


これまでとは違った、
良い展示会になる予感、いや確信がございます。


お陰様でこの1、2年で以前より沢山の方にNobuko Nishidaを知って頂いた
ように感じております。 ですが、だからといって広げるのでなく、
来年からはまた敢えて閉じようと、狭くと思います。
その分、一層より深いモノづくりの暮らしに立ち返りたいと、
そんな風に今は考えております。


多くの商品をオープンなスペースでご覧い頂ける機会=展示会。
来年は今のところ全く白紙。
しばらくは制作と、そして新しくなったアトリエ兼サロンで個々のお客様と
丁寧に時間と空間を共有できたらと願っております。

そんなこんなで次回展示会がいつになるかわかりません故、
ご都合おつきの方は、是非12月の展示会にお運び下さいませ。

*Nobuko Nishida ーBag&洋服ー 展
  日時:12月10日~15日 
  場所:東京六本木

  ・詳細はEXHIBITIONをご覧ください。
  ・展示会のINVITATIONをご希望の方はCONTACTよりご登録ください。
   (11月20日~25日頃に発送させて頂きます)


                                          Nobuko Nishida

NEW VISUAL!
Posted on 2015年11月11日 06:01 under NEWS!


うれしいな。。。。


DIARYだけでなく、他のページもチェックして下さっている方がいらっしゃるのですね。

昨夜、TOPページのビジュアルが新しくなりました。


そちらの写真が12月の展示会DMとなって、ご登録頂いているみなさまのお手元に
INVITATIONとしてお送りさせて頂くことと相なります。


長くご覧頂いているお客様には、
そのビジュアルからだけでも、今までのNobuko Nishidaとは違った何かを
感じて頂けたようですね。
早々にメッセージを頂き、そのそれぞれを興味深く拝読しております。


あと、一か月。
遠くからお運び頂いた方にも、
'無駄ではなかった''その甲斐があった'と
きっと思って頂ける展示会になりますようにと努めております。

 
*展示会へのINVITATIONはご登録頂いた方のみにお送りさせて頂きます。
 ご希望の方は、CONTACTページよりメールを送信下さいませ。
 ご案内の発送は11月20日を予定しております。
 

*又、来年以降、東京代官山Nobuko Nishida Atelierへのお運びは、
 事前にご登録頂いた方、もしくは、顧客様のご同伴者様、ご紹介者様に
 限らせて頂きたく思っております。

 合わせて理解を賜れましたら幸いでございます。
 宜しくお願い申し上げます。

                                              Nobuko Nishida
 


*旧DIARY(=初回2009年5月14日~2014年1月24日迄)の閲覧はこちら