2014年7月
つづき、、、 夏来たる。
Posted on 2014年7月31日 09:34 under Others

今回の東京出張ミッションだった仕事も無事に終えたUNCLE MARK。

'せっかくのフリータイム、何処かに行って来ればいいのに。'  と申しましたが、
'ここが一番落ち着く。'  と言ってわたくしが仕事をする傍ら
ここアトリエで日中のその殆どの時間を過ごした彼。


20140731-5.jpgのサムネール画像

べルギーの修道院にあったという18世紀のタペストリー。
随分ダメージがありますが、気に入ってアトリエ内のカウンターの壁の中央に
配しています。

Markが来るということで、いつもは飾っていない版画、
'そういえば夏の着物の風情のものがあったな'とごそごそと倉庫から探し出し、
タペストリーの両サイドに設えてみました。 

20140731-3.jpg 20140731-2.jpg

わたくし: 'この壁に色塗りたいんだよね。何色がいいかずっと迷ってる。 
       今のところ、限りなくBlack に近いDark Red。 どう思う?'

Mark:  'I think Dark Green is good'


TOM FORDのマニュキュアetc、カラーのガイドになりそうなものを並べて
二人して考えることしばし。

20140731-4.jpg

Mark:   'Dark Green '

わたくし:  'How about Silver File?'

Mark:     'That's cool !!'

という訳で、我がアトリエの壁の一部は銀箔になるやもしれません。
'次日本に来る時に一緒に塗ろう!'ということに。
最終的に、果て、何色になりますことか。


その昔、一緒に英国ブランド、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)の仕事をしていた
時は、こんな感じでデザインや色を相談しながら決めていたっけ、とちょっと懐かしい夏の日のひとときでございました。

更につづく。。。               

*次回フリーオープン:8月8日(金)・9日(土)14:00~18:00
           
                                        Nobuko Nishida



       

つづき、、、 夏来たる
Posted on 2014年7月29日 15:22 under BAG&洋服, Others, 着物

先のDIARYのつづきです。

川床の宴の夕暮れ、初対面の二人とは思えない
打ち解けた素敵なショット。

右側の女性がお召しのワンピースは、
Nobuko Nishidaの夏の定番のひとつ、
カットソードレス、名付けて 'マッチョタンクドレス'。
こちらもお洗濯ジャブジャブ&ノーアイロンOK。
(カラ―は、他に、ネイビー、白、白X黒ボーダー、ブラック、シャンパンゴールド
レモンイエローメランジェ、グレーメランジェがございます。)

 
20140729-1.jpgのサムネール画像   20140728-8.jpgのサムネール画像



一方、わたくしめは、
洋服で展開しているのと同じイタリアンリネンでつくった着物を着てみました。
着物地とは全く違った柔らかさとふっくらした風合い。
それだけに着付けるのに初め少し戸惑いましたけれど、、、
とても新鮮な感覚。

'こういうことにもこれからは少しずつ挑みましょう。 怖がらないできっと挑まなくちゃ。'と
想うのでした。

そして、帯は、大好きなとっておきの、しな布。
ほんとうに、夏の帯でこれが一等に好き!

それに合わせて道明さんで組んで頂いた帯締めをおろしました。

20140728-11.jpg

指輪は、外出する折には必ずと言っていい程嵌める
クロコダイルのサイコロリング。
同じくブラックの籠バッグを持って。
 
20140728-14.jpg

着物の襟裏に付けたNobuko Nishidaの織ネーム。
色は他に、ブロンズ、インディゴブルー。
今年の夏の内に、DIARYでご覧頂けたらと思っております。

20140728-7.jpg
 
畳表を何層にも重ねた御草履。 
とても素敵だけれど、底が厚い分返りがありませんので
決してたんとは歩けませんけれど、それ故に、こちらもとっておきのハレの日用。
快適、便利ばかりではつまりませんもの、、、
たまにはすこしの不自由も楽しんで、キリリとお洒落致しませんと。
自戒を込めて。

今日はこの辺で、、、 つづきます。
                                           Nobuko Nishida



夏来たる。 Uncle Mark、再びトートバッグと共に来たる。
Posted on 2014年7月28日 22:21 under BAG&洋服, 着物

今年も7月21日海の日を跨いで、UNCLE MARKが仕事で東京に滞在。
彼は英国ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザイナー。
元仕事仲間であり、今は良き、と言いますか、、、間違いなく悪友(苦笑)でしょうか。
とにかくもう付き合いは20年を軽く超えてしまいました。

日本に来ること100回以上の彼。
今や出不精のわたくしよりよっぽど東京通ではないかしらん。
年を重ねる毎に日本の文化にも興味津々。

隅田川のほとり、風情ある佇まいの一軒家、その川床での食事ということで、
満を持しての浴衣デビュー。

20140728-9.jpg

アトリエで着せてみました。
お腹に詰め物不要の完璧なる着物体型のお蔭か(ごめんよMark、笑)
流石になかなかお似合い。

将棋の駒の模様が粋な絞りの浴衣。 
帯は貝の口に結んで。
御草履は畳表。
大きな大きなサイズの白足袋もジャストフィットでほっと安堵致しました。


20140728-Mark toto2.jpeg


こちらは彼のトートバッグ。
NHK'美の壺'の中でも紹介頂いたものです。
今回もいつも通り肌身離さず持ってくれていましたのでパチリ。

う~ん、更に一層育って迫力が増しておりますな。

なのに、今回の東京滞在中、彼にしては珍しく、
ある2つのトートにやたらと
'ジェラシー、ジェラシー' と繰り返しておりました。


20140616-1.jpg

ひとつはこちらのトート。
彼のものと色違い。
ベージュとグリーンの2色染めの革でできたバッグです。(写真は川床を一緒した友人のトートで
1年以上使用済)


20140728-10.jpg

もうひとつはこちら。 わたくしが使っておりますバッグ。 
最もクラシックなナッパブラックでございます。

彼曰く、'はじめは目に留まらなかったのだけれど、何度も何度も見ていると、そのシンプルさが
却ってクールと感じ始めている' とのこと。

何年使っているでしょうか。。。
使い込んだ艶が夏にはひんやりと涼しげなのでこの頃俄かに
頻繁に持っております。 確かにシンプルが故の飽きのこない良さはございます。

'だったらしばらく換えっこしよっか?' と我々二人から提案してみると、

'No Thank you!!' と即答。

やっぱり自分のものが馴染んでるからこれが良いのだそう。

なかなか良いお返事。 Good Boy! よくできました(笑)。

とはいいつつ、、、
内心ジーンと嬉しい今年の夏の彼との思い出のひとつとなりました。

今日はこの辺で、つづく。。。 
                                     Nobuko Nishida


御礼。お暑い中のお運び。
Posted on 2014年7月28日 10:38 under BAG&洋服, Others

ご無沙汰してしまいました。
それでも毎日変わらずDIARYをチェックして下さる方がおいでのご様子、
心より感謝申し上げます。

間が空きましたのは、
来春3月の個展に向けて、バッグの新しい革のアイデアを練りつつ準備をスタート。
洋服も新作のデザインなど致しておりました。
そして、DIARYでお馴染みビッグモンスター(笑)UNCLE MARKの東京滞在、
舞台もいよいよ迫り、お尻カチカチ山の舞のお稽古、
加えて春♀がsick等ございましての怒涛の日々。
こちらについては次のDIARYで詳しく。

さて今日は、26日土曜日のフリーオープンの模様を記させて頂きます。
突然のこの猛暑。お客様は少ないであろうと思いきや、今回も遠方からも沢山のお運び。
誠にありがとうございました。

こちらの'樹皮'と名付けたキャメルカラ―のトートバッグと赤いナッパのバッグ。
共に大ぶりサイズでございます。仲良く揃って岩手にお住いの素敵なご夫婦様の元に。 
いと嬉しや。

20140728-19.jpg

20140728-16.jpg


横浜からお運びの、こちらも初めて御目に掛かりました素敵な母娘様。
時間を掛けて悩まれる方が多い中、
あまりにも早くお決め下さいました。
お客様が重なった時間帯でもあり、それ故にお話しする間もなくとても残念に思っております。

お求め下さったのは'鱧の骨切り'の赤のトート。
丁度下の写真の二つの間のサイズを連れて帰って下さいました。

photo1.jpg



少し前に、フリーオープンでのお姿をご紹介したパナマ帽のお客様。
今回はこんな素敵な夏のお着物でご家族とご一緒にお越し下さりました。
外の猛暑を全く感じさせない涼やかな佇まい。

その場に居合わせた他のお客様からも溜息。
夏のお着物は本当に目に美しく、いと有難し、でございますね。

2014-728-19.jpgのサムネール画像 20140728-17.jpgのサムネール画像


前回お求め頂いたカモフラージュプリントの大ぶりのサイコロリングを懐中時計に繋げて
根付けのようにして帯に差して下さっていました。

羽織と合わせて日傘はツバメの柄。

20140728-18.jpg


うってかわって、恥ずかしながら対照的にわたくしめはいたっての楽チンスタイル。
久しぶりにサッカー地のノースリーブのワンピース。
ジャブジャブ家でお洗濯&ノーアイロン。
そして下着(=ブラ)不要の夏定番スタイル。
なれど、そこはそれ。敢えてアンティークのブローチなどしてほんの少しはきちんと見えます様と
致してみました。
(4色展開。長いこと継続して参りましたが、残り各1着ずつ。次回8月8日・9日のフリーオープンに
 ご覧頂けるようにご用意致しますので宜しかったらお越し下さいませ。)

20140728-13.jpgのサムネール画像 20140728-12.jpgのサムネール画像


体重は、モンスターのお蔭で?!すっかり増量、元通り。涙。

舞台まで1週間をきりました。
次回のフリーオープン迄にトートバッグもふたつほど作れたらと思っております。
心身共に締めて参ろうと存じます。

続きましてご無沙汰しておりましたこの10日余りの事UPさせて頂こうと思っておりますので
宜しかったらこの後もお付き合い下さいませ。

                                            Nobuko Nishida


蒸しますね、、、デザイン重視。
Posted on 2014年7月15日 16:11 under BAG&洋服, Others, 春♀

いと、蒸しますね。。。

朝は春♀に乱暴に起されてフラフラと散歩、が習慣でしたが、
最近の彼女はもっぱらわたくしのベッドを占領して朝寝坊さん。

ということで、このところはそんな春を残して朝ヨガ。
毎回、'間違いなくわたしがダントツ年長者だなあ~'と思いながら、
パワフルなお嬢様方に必死に着いていく(実際は全く着いて行ってない、、、)日々。苦笑。

イケナイと思いつつ、終わったらヨガ教室のすぐ近くのスタバに掛け込んで、
新聞を読みながらの'ソイミルク、アイス、ダークチョコチップ、ホイップナシ、ライトシロップ、トール'
が楽しみ。 普段甘いものは苦手なわたくしめも、ハードエクササイズの後は妙に体が欲します。

20140715-4.jpg

何を隠そうスタバラバー。
旅先でも、スタバスタンドのロゴを見つけるだけでなんだかホッ。笑。
オリジナルのタンブラーを選んで、一日最低2回は参ります。
細かく好みをオーダーできるのも◎。
お店の若いスタッフの子達が何気に挨拶したり話しかけてくれるのも独り者のわたくしには楽しく(笑)
ちょっとした日常の句読点になっております。



今日は上下ダークレッド。


20140715-2.jpgのサムネール画像 20140714-3.jpg

ふふふ、写真を撮ってると必ず寄ってくる春。   ボトムスのハーレムパンツはたっぷりギャザーに
ジャンプしたタイミングでパチリ。ウイヤツ。     サイドポケット付き。




20140715-6.jpg

チョコレートやスナックといった嗜好品、ワインビネガーやオリーブオイルといった調味料的なものは
もっぱらデザイン重視で購入。これがCDのジャケ買いと一緒で、以外とハズレが少ない。
ビール苦手のわたくしも、右サイドのキリンのボトルにキュンとして以来、お客様用に冷蔵庫に
常にKEEP。
最近のわたくしのリカーは相変わらずのシャンペンと、映画'ブルージャスミン'を観てからウオッカが
加わりました。

でもやっぱり一番好きなのは、キリリ辛口冷たい日本酒也。
(だから痩せない。。。涙)



20140715-1.jpg

DIARYでUPしているバックに写っているものや身の回りのものも見せて下さいと
言って下さる方がおいでだったので、
恥ずかしながら今回はちょっとそのように致しましたが、
このようなもので宜しいのでしょうか?

キーホルダーは前までは赤い革を束ねたモノを使っていましたが(随分前のDIARYでUP致しましたね)最近はベビー用の靴型をくっつけたモノを使っております。
鈴をつけたのは大正解でお薦め申します。
バッグに入っているかどうかを音で簡単に確かめられるので、いと便利!
真鍮の金具は自分で、'バーナーで熱を加える + ハンマーでガンガン叩く'を何度も繰り返して
制作。

明日、明後日は、アトリエのレイアウト変更を予定。
ファイトだわ!


* 次回展示会(個展的なものにと企画しております)は、来春3月辺りになりそうでございます。
   お盆のころまでには日程をFIX予定。
   会場は東京都内。

* フリーオープン予定:
   7月26日(土) /  8月8日(金)・9日(土) 全日共14:00~18:00

                                          Nobuko Nishida
             








夏の週末、日常風景。
Posted on 2014年7月14日 18:35 under BAG&洋服, Others, 春♀, 着物

夏風邪をこじらしたり、色々体調不良もあったり、
ちょこっと旅に出たりで、しばらくお休みしてしまっていた舞のお稽古。
久し振りに、先の週末土日続けて参りました。

早いものでもう七月。
大好きな夏の着物の季節の到来。
青磁色に染めた夏塩瀬。 
着物はそのままで帯や帯揚げ、帯締めを替えて楽しみました。


20140714-8.jpgのサムネール画像 20140714-7.jpg

土曜日は赤い帯揚げにグレーの蠟引きの草履で。

20140714-10.jpg

日曜日は、流水模様のざっくりとした織の帯に金茶の帯締め、
キャメルのクロコx鱧の骨切り籠バッグに白い草履で。


其々の写真のほんの一時間前までは下の写真のこんな恰好で春♀とお散歩。 

恐ろしくて体重計には乗ってませんが、
このところ俄かにお人に言って頂けるので、ようやくちょっとだけ痩せたのかもしれません。
でも間違いなくほんのちょこっとだけ。 
油断禁物。

20140714-11.jpgのサムネール画像 20140714-12.jpgのサムネール画像
土曜日。 
新作ボーダーのハーレムパンツ。
ROCKテイストのプリントTシャツは知人のデザインのもの。



20140714-1.jpgのサムネール画像 20140714-2.jpgのサムネール画像
日曜日。
ボーダーのハーレムパンツに、ダークレッドのノースリーブヴァージョンのロングのカットソーを合わせて。左右全く同じですが、こんな感じで色んな着方を楽しんでおります。


着物の時との違いぶりに、お隣のスターバックスの店員さんやご近所さんに
驚かれることしばしばですが、私の中ではさほどの違いもなく、、、
変身してるつもりもなく、、、
両方わたくしそのまま自然なテイスト、両方日常、でございます。


パンキッシュなものも好き。 それはそれ、やはりVivienneの仕事してた位ですからして、、、
ただ、年齢とウエイト(体重)のバランスが上手く成立しなくなってしまったので、ここ数年は着るのを
躊躇っていました。
Nobuko Nishidaでは手掛けることは絶対無いであろうアイテム、
例えばグラフィカルなプリントもののTシャツや、革のライダースジャケットなんかも好きだから、
も少し体を絞って又着られるようにと思う今日この頃です。 
頑張らなくっちゃ。


20140714-6.jpg

春はVivienne Westwoodのタータンチェックのハンカチを小粋?!に巻いて。とういうか巻かれて。笑。今日の首輪は、キャメルxグリーンの2色染めの革でできた蝶ネクタイ。

毎日蒸しますね。。。
少々体が重いですが、みなさまも是非、御自愛の程。

                                      Nobuko Nishida

 

変らぬ性分
Posted on 2014年7月10日 21:11 under BAG&洋服, NEWS!, Others

6月6日のNHK BSプレミアム'美の壺'でご紹介頂いてから
サイトを通じて沢山のメールを頂きました。

内容はDMのリクエストの方が最も多いのですが、
DIARYにも書かせて頂きました通り、代官山のフリーオープンは毎月のことですので、
DMでのお知らせは致しておりません事、何卒ご了承頂けたらとお願い申し上げます。
日程が決まり次第、いつもHPのTOPページでお知らせしておりますが、
このDIARYをご覧頂くのが最も早いタイミングでスケジュールをお分かり頂けるかと存じます。

CONTACTページからご住所等々を記入の上メールを頂いた方には、必ず
次回展示会のDMのご案内をお送りさせて頂きますのでどうかご安心下さいませ。

つきましては、以上のことを記しましたショップカードをコンタクト頂いたみなさんにお送りさせて頂くことにしました。本日、ようやく6月10日までにメールを頂いた方みなさまへの発送を終了したところでございます。

お宛名とご住所は筆ペンではありますが、一枚一枚すべて手書きで感謝の想いを込めて
書かせて頂いております。 故に、少々時間が掛かっておりますが、少しずつ進めておりますので
お待ちくださいませ。
(写真は、大人眼鏡に新作ボーダーのロングのカットソーにハーレムパンツのわたくし。
囚人ルックと呼んでおります。笑。この恰好で代官山周辺を歩いておりますと、何故か外国の、
それも若い男の子達!に、'どこの服ですか?'かと尋ねられることしきり。
う~ん、なかなかの親孝行、働き者の子でざいます。 母はご満悦。笑。)

20140710-1.jpgのサムネール画像


20140710-2.jpgのサムネール画像
 

20140710-4.jpgのサムネール画像



明日からも引き続き送付作業をと思っておりますが、何分制作も致さなくてはなりませんので、
ショップカードの発送は今週13日(日)迄にメールを頂いた方ということで
一区切りさせて頂きたく思っております。
何卒ご理解の程お願い申し上げます。


ビッグママTシャツドレスの反響はその後も続いております。
展開カラーは、ダークレッド(写真は少しピンクに映っておりますが、実際はもっと真紅でございます。)ブラック、シャンパンゴールド、ホワイトの4色展開。
ブラックに関しましては、コットン100%に、テンセル100%、そのほかシルク・カシミヤ混に
着丈も微妙に異なるものも揃えておりますので、実際をご覧になって頂けたらと存じます。

20140710-3.jpg


*次回フリーオープン: 7月26日(土)14:00~18:00
               8月は8日(金)・9(土)の2日間を続けてさせて頂くことに致しました。
               時間は共に14:00~18:00

*次回展示会 :来春、都内開催予定

                                       Nobuko Nishida






blueな気分
Posted on 2014年7月 8日 15:16 under NEWS!

blueな気分と申しましても、気持ちが落ちている訳ではございません。
2週間近く悩まされた夏風邪からもほぼ完治。(殊の外、きつうございました。みなさまも是非お気を付けあそばしてくださいませ。)
ヨガも再開して心身共にむしろ上向きでございます。


200140708-2.jpg



このところのフリーオープンで、ブルーのバッグをご希望の方が多く、
紫陽花の自然の青のグラデーションを眺めていたら、急に'Blueが素敵!'という気分になり
早速、青い革、青い糸を作業台に集めていざ制作にとりかからん!という本日7月8日でございます。

201407008-3.jpg

明日14:00からのフリーオープン迄にどの状態にまで作業が進んでいるかわかりませんが、
アトリエと併設している空間ですので、制作途中の段階でご覧頂くのも良いかと。
とにかくできるところまでやってみましょ、と思っております。



20140708-1.jpg

昨日ご紹介した雑誌プレシャスと同様、昨日七夕の日に発売の雑誌GOLD。
その中の漫画家・イラストレーターの桜沢エリカさんの'おしゃれ中毒'という連載ページで、
わたくしの籠バッグとトートバッグを紹介頂いております。

取材頂いた折にわたくしが着ておりましたNobuko Nishidaの洋服もそのままに描いて頂いていて、
自分がつくったものがイラストになるという楽しい経験をさせて頂きました。
ご覧になってみてくださいまし。


明日晴れるといいのですが。。。

洋服は麻の素材が充実しております。
宜しかったらお運び下さいませ。


*7月フリーオープン:7月9日(水)・26日(土)14:00~18:00

*次回展示会:来年2015年春、東京にて開催を企画中でございます。
         詳細については未定にて、決まり次第こちらにUPさせて頂きますので
         もうしばらくお待ち下さいませ。

                                           Nobuko Nishida







旅の洋服
Posted on 2014年7月 7日 17:35 under BAG&洋服, NEWS!

旅は自分を見つめなおすのに大切な機会。

持ち物も限定されるだけに、今の自分にとって何が必要か、大切か、
加えて、久しぶりに出会う人、初めて会う人、
日常親しい人であっても旅という異質な空間と時間を通じて、
いつもとは違った自分を表現できる稀有なオケージョンです。

繰り返し申し上げている通り、洋服をデザインする時には必ず旅を意識しております。
何より上質の素材で動きが制限されずに楽で、
それでいてアクセサリー次第で観劇、パーティー、ディナー等幅広く対応できる服。 
それがわたくしが最も大切にしているところでございます。

夏はファッション雑誌でも、旅行に重宝な着回しの特集等が組まれご紹介頂く機会がございますが、
お陰様で本日発売のプレシャスでもいくつかNobuko Nishidaの商品をご紹介頂きました。
(P60,P65、P71,P132)。
特に、赤いコットンジャージーのッグママTシャツドレスは定番ですが、
今朝ほどから沢山お問合せ頂き嬉しく存じております。

20140707-1.jpg


'美の壺'の放映以来、フリーオープンにお運びの方はこのところほぼみなさまトートバッグをご覧になりにお越し頂いた方でございました。

もちろん、お越し頂くのに何をご覧頂いても有難いことでございますが、
洋服も今とてもバリエーションが揃っている時期でございますので、
明後日9日にはそちら達も是非見てやって頂けたら嬉しゅうございます。


何分時間を掛けてカッティングやボリューム感から始まり、細部まで納得のいく形にまで完成させて参りますので、今着手し始めました新しいデザインも実際商品としてご覧頂けるのは
一年後位になりそうですが、今日は兼ねてよりコレクションに加えたかったケープの製作に
取り掛りました。

20140707-2.jpg

20140707-3.jpg


20140707-4.jpg

こちらの写真は、もう20年位前でしょうか、ロンドンのアンティークマーケットでたった5ポンド程で手に入れたウールの無地のものに、後から自分で絵を描いて図案をおこし、チクチク時間を掛けて刺繍したケープ。
久し振りに取り出して眺めておりました。

以前DIARYにも記しましたが、刺繍大好き。 ですが、とりかかると他の事が全く何もできなくなる位集中してしまいますので専ら封印しております。
近い将来、少しずつでも、いくつかスペシャルピースとしてこういうものも手掛けたい。
そんな思いもふつふつとわいている今日この頃でございます。

*次回フリオープン
  7月9日(水)14:00~18:00

                                          Nobuko Nishida







MOVIE
Posted on 2014年7月 2日 18:46 under BAG&洋服, NEWS!

映画が嫌いな人も少ないと思いますが故に、
映画好きというのもなかなかに申し上げるのも憚られます。
ましてや監督毎に作品を分析したり、俳優の名前をつぶさに覚えることも全くできない性質ですので
詳しい訳ではありませんが、特にこの数年は結構数は観ている方ではないかと思います。

そうこうしておりましたら引き寄せて頂くご縁がありましたようで、
先のカンヌ映画祭に出品された川瀬直美監督'2つ目の窓'という作品に出演なさった
女優 松田美由紀さんがNobuko Nishidaのドレスとジャケットコートを現地でお召下さいました。

カンヌ出発直前にアトリエでご本人がお運び下さって選んで下さいました。
ハレの舞台用にお選び頂いたことではございますが、共にその後もきっとプライベートでも
沢山お召し頂けたらと願っております。


陶磁器のような真っ白なそれはそれは美しい肌に、イタリアはCerutti社の艶のある素材のが映えて
とても素敵。 光栄な機会でございました。
以下写真は、わざわざ現地からお送りくださったもの、DIARYでもどうぞUPなさって下さいと仰って下さったのでそのようにさせて頂きました。


20140702-3.JPG

20140702-1.JPG
 
20140702-2.JPG


事前に色をご相談なさったのでしょうか。みなさんペールトーンとブラックでまとめられていてシック。


日本での公開日は、7月26日(土)とのこと。
拝見するのが今から楽しみです。

                                             Nobuko Nishida







*旧DIARY(=初回2009年5月14日~2014年1月24日迄)の閲覧はこちら