2014年6月
旅立ちの時
Posted on 2014年6月30日 23:30 under BAG&洋服, 春♀

フリーオープンや個別のアポイントを経て、
このところ旅立ちましたバッグ達の写真をいくつかご紹介させて頂きます。


ブラウンとブラックの2色染めの大きな大きなトートバッグ。
左右のダイナミックなトラ(=牛の首のシワ)が特徴の美しい肌質の子でございました。

20140630-13.jpg




シュリンクさせた羊革でつくった籠バッグ。 
もう二度と手に入らないであろう素材。

大好きでした。 この子は沖縄へ。

20140630-3.jpg




ブラックのワンピースに、繊細に美しく揃ったパールのロングネックレスの組み合わせがあまりに
素敵で息を吞んだお客さま。
 
ダークグリーンとブラックの2色染めの革の横長トートは、
初めてお運び下さったこちらのマダム元へ。 

20140630-11.jpg  20140630-12.jpg




お着物に合わせてと、複雑なフラワーレースの型押しのバッグは、ご子息様からのプレゼント。
その日のうちに母君がグレーとネイビーのエレガントなスタイルでお持ちになってお運び下さり、
鱧の骨切りシリーズのキャメルとブラックのンビをお求め下さいました。
 
夢のような、まことにエモーショナルな時間でございました。

20140630-10.jpg 20140630-1.jpg

20140630-2.jpg





ボルサリーノの帽子、
麻糸の手編みのカーディガン、
手書きの仏語のお扇子にポシャギのケース、etc,,, 
髪のカットもネイルもすべてご自分でなさるとのこと。

そんなスーパークールな方の処へ、
カモフラージュプリントの革でつくったGIANT サイコロリングが旅立つことに。

7月のフリーオープンには夏のお着物でお出まし頂けるとのこと。
なんだかフリーオープンがサロンの風情に。 
わたくしもお洒落してお迎えしなければ!

20140630-6.jpg 20140630-7.jpg

photo6.jpg




いつもより沢山のお客様に少し興奮気味の春♀をやさしくなだめてくれる
常連さん、我がアイドルのお嬢ちゃま。 

クリンクリンのフワフワヘア、可愛すぎ!

 20140630-9.jpg




オーソドックスなナッパのブラックのトートはやはりシンプルな良さが。
こちらは小ぶりのサイズ。

20140630-4.jpg


写真を撮り忘れてしまいましたが、
同様にナッパブラックで滅多につくれない程に大きな大きなサイズのトートも旅立ちました。 
密かに自分で持ちたいな、、、と思い続けていた子でしたが、
珍しいからこそお人に選ばれて使って頂けた方が良いなとも願っておりましたので、
'幸せ寂しい' 気分でございます。

東京都内にお嫁に参りましたので、また会えるかな。 会えるといいな。 会えます様に!


*7月フリーオープン
   4日(金)・9日(水)・26日(土) 全日共14:00~18:00


                                              Nobuko Nishida

INTIMACY
Posted on 2014年6月28日 14:40 under BAG&洋服, NEWS!

今日は、はるばるマレーシアよりお運びのお客様からアポイントを頂いておりました。

NHK BSプレミアムで紹介頂いたことで、思いの外、海外在住の方からのお問合せを賜ります。
日本では地上波、BS含め数多チャンネルが有り、選択の余地は沢山ございますが、
視聴が限られる海外にお住まいの方の、ひと番組ごとへの熱心なるご覧ぶりに
わたくしにとっては、改めて'幸せな機会だった''お受けして良かった'
とそのように思うに至っております。


20140628-1.jpg


20140628-2.jpg


という訳で、、、
横幅60cmを超える、深い緑とブラックの2色染めの革は、マレーシアに旅立ちました。
来年以降は又他の国に移住されるとか。。。
この子はきっとダイナミックに旅をする運命であろうとは感じておりましたが、
やはり、、、と感慨深く思っております。



遅ればせながら、今月の掲載誌のお知らせでございます。
プレシャスの表紙をなさって久しい女優小雪さん、
同誌の撮影でお召頂いたドレスをプライベートでもお買い求め頂きましたことを
素敵な言葉で綴って頂いていた様でございます(ページ36)。
('美の壺'で女優萬田久子さんがお召しになっておられたノースリーブの赤いワンピースも
 わたくし共のデザインのものでございました。)

20140628-3.jpg


*7月のフリーオープン
  4日(金)、9日(水)、26日(土) 全日共14:00~18:00

 
                                              Nobuko Nishida



経年変化
Posted on 2014年6月16日 06:36 under BAG&洋服

化学薬品を一切使わず、植物のタンニンだけを用いて丁寧に時間を掛けてなめされた革の特徴、
それは使い込むほどに柔らかく、そして美しい艶が出て来ること。


本日のDIARYでは、
昨日、そして先日のフリーオープン中にお運び下さったお客様の、
久し振りに会うトートバッグ達の成長した姿をご覧頂きます。


わたくしにとっても非常に印象深かったトート。
キャメルとグリーンの2色染め。
横に伸びたトラ(=牛の首のシワ)が非常にダイナミックな
ジャイアントサイズのバッグ。
お客様のお仕事に伴って、いろんな国の空気を吸って伸びやかに育っています。


20140616-1.jpg




一方こちらは小さなサイズのカモフラージュプリントのトート。
デイリーユースに沢山可愛がって貰っている様が伝わり嬉しくなりました。

20140616-3.jpg




こちらは珍しいオフホワイト X ピュアホワイトのコンビのスーパーマーケットバッグ。
持ち主の白い肌の指先にこのバッグが体の一部のように繋がっていたのが印象的でした。

201440616-5.jpg




*次回7月のフリーオープンの予定が以下のように決まりましたのでお知らせ致します。
   7月4日(金)・9日(水)・26日(土) 全日共14:00~18:00

*展示会の予定についてもご質問頂いておりますが、現在未定でございます。
  来年の春頃迄に何かできましたらと考えております。
  決まり次第、随時こちらDIARYでUPさせて頂きます。

 
                                            Nobuko Nishida



                                




bless him
Posted on 2014年6月15日 03:29 under Others

感傷的な気持ちで眠れずにおりましたわたくしに、
DIARYではお馴染み、
我が愛するソールメイト、
春♀にとっては'大好きUncle Mark!'
そして今回'美の壺'では、イタリアのジェントルマンのエピソードと共にNobuko Nishida
のトートバッグと一緒におちゃめに写真で登場したマークからメールが届きました。


我が敬愛するジャズシンガー、Jimmy Scott氏の訃報の知らせでした。享年88歳。
旅をするときには必ず携帯する彼のアルバム。

20140515-1 (2).jpgのサムネール画像のサムネール画像


どなたにも人生を変える人との出会いがあると存じます。
時にそれは人だけでなく、モノや場所、匂いや感触etc、、、、
音楽もそのひとつかと。

わたくしにとってJimmy Scottは我がライフセーバーと
言ってもも過言でない程の存在。
どれだけの眠れる夜を、そして制作の時間を支えてくれたかしれません。


あとこれからのわたくしの人生で、果たしていくつのバッグをつくれるかと思います。

ONE ANIMAL(=LEATHER) FOR ONE BAG FOR ONE PERSON'
(ひとつの生き物=革から一つのバッグをお一人の方へ)

この信条をベースにをこれからも変らず制作を続け、わたくしのつくりますものが、
もしどなたかに寄り添うモノとして存在することができたらと願いながら、
これからもひとつひとつ大事に、そして真摯に取り組まなければと、
彼の訃報を受けながらそのように意を新たに強く想っている次第でございます。


                                            Nobuko Nishida








 
フリーオープンを終えて
Posted on 2014年6月14日 23:51 under Others


'美の壺'、6日金曜日の本放送、そして10日火曜日の再放送後はじめてのフリーオープン
二日間が終りました。

着物をお召しになる80歳におなりの母上様へのプレゼントにとお運び下さったご子息様、
はるばるご遠方から飛行機や新幹線に乗ってのお出ましの方々、
放映以後この一週間で5年間のDIARYのすべてをさかのぼってご覧頂いてお越し下さった方,
'TV観ましたよ。一言お祝いを。' とわざわざ来て下さった古くからのお客様、、、

今はただ、ただ、胸が一杯でございます。


なんと申し上げてよいか言葉が見つかりませんが、、、
日付が変わります前に、ひとことみなさまに感謝の言葉を申し上げたく
DIARYを更新させて頂きます。


これまでお引き立て下さったお客様、
励ましてくれた友、
様々なお人のご縁を紡いで下さったみなさま、
そして今回、新しくわたくしどものつくりますものに目を留めて下さった方々に
心より感謝申し上げます。

                                              
深謝、心より。

                                                西田信子拝
                                            2014年6月14日

20140614-1.jpg

                                    


美の壺 ご質問についてのお答え その2
Posted on 2014年6月11日 18:16 under BAG&洋服

重ねて、メールをお送り頂いたみなさまに、心より御礼申し上げます。
感想を綴って下さる方がとても多く、そのひとつひとつにすべて目を通させて頂いております。

思いのほか、遠方の方で商品をご覧になりたいと仰って下さる方が多く、
先のDIARYで記させて頂いた通りのスタイルでございます故、
大変、心苦しく思っております。

'美の壺'が日本のみでなく、海外でも放映されているとは想像もしておりませず、
この夏に帰省の折にと早々にアポイントのメールを頂いたり、、、
ただただ有難く存じております。

制作も全く手につかない程のエモーショナルな時間を数日過ごしております。
つくることから離れますとやはり随分と落ち着きませんが、
季節も季節、この水無月は、焦らずこのままに身を委ね、
来月からはキッパリと又一からものづくりに真摯に取り組んでと思うに至っております。


本日は、多く反響を頂いております、'鱧(はも)の骨切り'と名付けた
牛革の表面に細かい切込みの入った、まるでビーズのように見えます革でつくりましたバッグ達を
ご覧頂きます。

下の写真は、キャメルとブラックのコンビネーション。
着物の時に重宝な大きさをとデザイン致しました。
観劇の折にはお膝の巾に収まりますので、ようございます。
(*以下の写真はすべてクリック頂くと画面が大きくなります)

20140611-1.jpg


こちらは革にしては珍しい色。
グレーがかったブルー。
横幅50cm以上のダイナミックなトートバッグ。
番組の中でもお見せしましたが、
わたくしはクニャリと折って大きなクラッチバッグのようにして抱えて持っております。

20140611-3.jpg


今このシリーズの革では、ダークレッドのサイズが揃っており、現在4つございます。

20140611-4.jpg



トートバッグ以外では、スーパーマーケットバッグという形のブラックがひとつおります。

20140611-2.jpg


こちらはわたくしの私物でございます。
以前からのお客様にはお馴染みにて何度も御覧頂いておりますが、、、
キャメルカラ―のクロコダイルとのコンビネーションの籠バッグ。
随分と艶が出て参りました。

20140611-5.jpg


今月のフリーオープンもいよいよ明日からでございます。
お足元が良いといいのですが。。。

*フリーオープン:6月13日(金)・14日(土)共に13:00~18:00

                                               西田信子



美の壺 ご質問についてのお答え その1
Posted on 2014年6月10日 03:47 under BAG&洋服, Others

NHK BSプレミアム 美の壺(トートバッグ編)をご覧頂いた方からの
共通したご質問について、本日より何度かに分けてお答えしたく存じます。


*女優萬田久子さんがお持ちのフラワーレース柄の型押しブラック牛革のトートバッグについて


    20140610-4.JPG
   
    (*上記写真以外、以下の写真はいずれも画像をクリック頂くと大きくなり、細部をご覧頂けま     すのでどうぞお試しくださいませ。)

       20131122-4.jpg

  
  こちらは、番組でご覧頂きました上記写真の一点ものにて、
  現在トートバッグとしてご案内できるもはございませず、
  同じ革のもので現在アトリエ兼ショップ内にてご覧頂けるのは、手のひらに乗るほどの大きさの
  以下籠バッグ1点となります。

    photo1 (3).jpg

  
  尚、以上ブラックの型押しから更に切れ込みを施したフラワーレース柄の牛革を使用したものとし  て下写真のダークブルー(横幅約20cm)の小さなトートバッグ1点、と

    20140610-2.jpg

  
  色違いでダークレッド(横幅約35cm)の籠バッグ1点が現在ございます。

    20140610-3.jpg


  わたくし共の商品はすべて一点ものとなりますことから、
  価格等につきましては、こちらに記しますとお持ち下さる方に心苦しく、
  ご案内することができませんことご了承くださいませ。



*Nobuko Nishidaのバッグをお求め頂ける場所

  全行程をわたくし一人で制作しております関係上、数をつくることができません。
  又、化学薬品を一切使用せず、植物のタンニンのみを使用してなめすという製法で作られた革を
  使用しております為、一頭一頭革の表情、傷、シワ、等々が全く異なります。
  それらを直接お客様にご説明し、実際の商品をご覧になった上でお気に召したものを
  選んで頂きたく、販売はわたくし共の東京代官山アトリエ兼ショップ一か所のみとさせて頂いて
  おります。
  (数日前迄の完全予約制とさせて頂いておりますが、月に一度、ご予約不要でお越し頂ける
   フリーオープンという日を設けさせて頂いております。こちらの方は毎月のことですので、
   DMはお送りしておりませず、HP内DIARY(ブログ)又は、TOPページのみでのご案内と
   させて頂いております。)

  尚、過去に、ギャラリー等をお借りし、大阪、神戸、芦屋、名古屋、金沢、そして京都につきまし
  ては、ほぼ年に一回のペースで展示会をさせて頂いております。
  今後、また別の街でご縁がありましたら、その都度させて頂けたらと願っております。
  その折にDMをご希望の方は、お手数ですが、HP内CONTACTのページよりメールを
  お送り下さいませ。


*オーダーについて

  上記と同様の理由に加え、
  わたくしは、一頭一頭、一枚一枚の革の特徴を見ながら、それに合ったバッグをひとつひとつ
  制作するというスタイルを取らせて頂いております。
  つきましては、実際に仕上がったバッグより選び頂きたく、現在、基本的にオーダーはお受けしておりません。ご了承くださいませ。

 次のDIARYでは、フラワーレースと同様お問合せの多い'鱧の骨切り'と名付けた革を用いた
 商品のご案内をさせて頂きます。

                                                西田信子


美の壺 心より御礼申し上げます。
Posted on 2014年6月 8日 18:53 under Others

6日(金)NHK BSプレミアム'美の壺(トートバッグ)'放映後、
沢山のメールを頂戴致しております。
中にはわたくしどものつくりますバッグに対しての熱いメッセージ等も頂戴し、
感動的な時間を送っております。

NHKの方にもお問合せの反響を多数頂いているということ伺っております。
皆々様に、心より厚く御礼を申し上げます。
ありがとう存じます。


20130608-1.jpg


色々なお尋ねを頂戴しておりますが、何分、制作のみならず、一切の業務を一人で
行っております関係上、お返事するのに時間が掛かっておりますこと、
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

共通して頂戴しておりますご質問には、今後順次このDIARYのページで回答させて頂きたく
存じております。
尚、それ以外のお問合せについても、お一人お一人、そのひとつひとつに順番に
ご返答申し上げたく存じますが、少々お時間を頂戴いたします事、
どうかご了承頂けたらと合わせてお願い申し上げます。


又、HP内CONTACTのページよりメールを頂いた方には、
以下アトリエ兼ショップのカードをお送りさせて頂きたく、こちらの方も
随時させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。


20140608-2.jpg



重ねまして、同番組の再放送日時に誤りがございましたこと、
深くお詫び申し上げます。

*正しくは、再放送 6月10日(火)11:00~11:30でございます。

本日のところは、とりいそぎまして、みなさまにお礼と、そしてお詫びを申し上げさせて頂きます。
 
                                                深謝、心より。

                                    2014年6月8日    西田信子拝


麻糸
Posted on 2014年6月 2日 12:25 under NEWS!, 制作風景

わたくしの革のバッグは、
手縫いがメインのスタイル。

写真は自分で染めた麻糸でございます。
自然の素材ならではの独特の微妙な色の違いが、
バッグとして仕上がった時に、ニュアンスの異なった表情を作り上げてくれます。

20140602-3.jpg

森や山に行って、どんぐりや栗など色んな木の実や枝、葉を拾うところからはじめ、
時間を掛けてそれらを煮だして作った染料で染めた麻糸達。

そういうことに費やすエネルギーや時間が、わたくしにはどんどん難しくなっています。
だからこそ、ほんの1cmだって無駄にしないよう、
大切に大切に使います。

一度、仕上げ直前の最後のほんの一針分の糸が足りなくて泣いたことがございます。
一円だって足りなかったら切符も買えないのと同じですね。
ものづくりをしながら、学ぶことは果てしなく、本当に沢山でございます。


20140602-2.jpg

こちらは、革に穴を開ける時の木台とハンマー。

動物の革を扱っておりますからやはりタフさが要求されます。
自然の素材でできた道具や材料達には精神的に随分助けられる部分がございます。


20140602-1.jpg

久し振りに掲載誌のご案内です。
TASAKIさんのそれはそれはゴージャスな大粒のパールとダイヤのネックレスに
Nobuko Nishidaの麻のVネックノースリーブのワンピースを合わせて頂いています。


毎年のことながら、夏は旅の特集のページなどで
洋服の雑誌掲載が続きます。
旅行にも重宝なようにとデザインを心掛けていますので、とても嬉しく思っております。
又、追々にご案内させて頂きますね。

*HPのTOPページ、および先のDIARYで放送日及び放送時間に誤りがございました。
 訂正してお詫び申し上げます。 
 正しくは
 * NHK BSプレミアム '美の壺(トートバッグ)'
   6月6日(金)19:30~20:00 本放送
   6月10日(火)11:00~11:30 再放送
 

 *次回フリーオープン
   6月13日(金)・14日(土) 13:00~18:00
                                            Nobuko Nishida






*旧DIARY(=初回2009年5月14日~2014年1月24日迄)の閲覧はこちら