2014年4月
RED! Part. 1
Posted on 2014年4月28日 17:33 under BAG&洋服, Others

う~ん、何故に痩せぬ。。。

元々あまり食べない性質、といいますか、、、
実のところ食べることは大好きなれど、、、
人様と同じように食べますとたちまちにプクプクプクプク、、、と太りますので、常に我慢して生きてきております。

これまで、少し位の体重の増減はコントロールできておりましたのに、
それが全くできなくなっております。
間違いなく年齢のせい、、、
でございますね。

というわけで、もはや食の量や内容に期待はできないことは明白。
レッツ エクササイズ!という事でヨガなるものを始めました。
が、、、まさかの体重増。
涙。。。

とはいえ、肩凝りは解消されつつあり、
汗を掻くというのは精神的にも気持ち良きもの。
めげずに気分を上げて続ける為に、赤いものでも身に着け、も少し通ってみましょと思います。

20140428-1.jpg 

大きな横長のトートは6,7年経ったでしょうか。
右の小さなスーパーマーケットバッグは、毎朝の春♀のお散歩に使い、ヨガの時は
ポーチ代わりにトートにinして出掛けます。

20140428-2.jpg

サイコロリングも随分角が取れていい感じに大人になってくれました。



同じナッパのREDで現在ショップにありますのは、下の写真の横長タイプと正方形タイプの各1点でございます。

20140428-3.jpg


サイコロリングは1点。 新しい子は若くツンツン角が立ってます。(人間と一緒? 笑)

20140428-4.jpg


毎年のことながら、暖かくなると無性に赤いモノを身に着けたくなります。

実は、これまで定番で継続していましたコットンの赤のビッグママTシャツのお友達として、
NEWデザインでご好評頂いておりますノースリーブのVネックのチュニック丈のTOPS
とボリューミーハーレムパンツを製作中でございます。
次回フリーオープン5月3日&4日に間に合うといいのですが、、、

*5月フリーオープン
   3日(土)13:00~18:00
   4日(日)12:00~17:00

*お願い
 毎年、ゴールデンウイークから夏のお盆休みにかけては、関東以外や海外から帰省の方など
 ご遠方の方からのお運びを頂戴致します。
 洋服については多種に渡っておりますので、もしご覧になりたい商品(特にカシミヤニットなどの
 シーズンオフのもの)があおりの方は事前にメールを頂けましたら、あまりお待たせせずにご覧
 頂けると存じますので、どうかそのようにお願いできたら有難くお願い申し上げます。

                                         Nobuko Nishida



NEW!Vネック バックファスナー オールインワン!
Posted on 2014年4月26日 12:34 under BAG&洋服

ラウンドネックのオールインワンは、以前DIARYでご紹介させて頂きました。
覚えていて下さっているでしょうか?

Vネックの細部にこだわったデザインを続けておりますNobuko Nishida。
嬉しいことに、その部分を理解し共感下さる客様が居て下さいます。

オールインワンもVネックバージョンをおつくりしたところ、すぐにリアクションを頂きました。

20140426-2.jpg

20140426-3.jpg


後ろ姿はまるで、'着ぐるみ'?!のようなこのデザインには、首が締まりそうな位タイトな
ラウンドネックの方が実はコンセプトに合っているのですが、
それがアヴァンギャルド過ぎたのですね。。。
いつもなんでも厭わずトライ下さるお客様でさえ
'自信がないわ' '着こなしが難し過ぎる' etc...と仰るばかりでございました。


わたくし自身が描く理想のデザインと、
Nobuko Nishidaを愛用下さっているお客様との幾度もの暗黙のやりとりを経て
此の度、素敵な形で着地出来ました。

生地はイタリアCerutti社製。
シルクサテンのような優雅な肌触りなれどウール100%。
故にオールシーズン対応。


構想3年。
マニッシュ且つエレガント。
コケティッシュでスパイスが効いた、
そして生地とデザインが完璧にマッチした、最もNobuko Nishidaらしい'ドレス'が完成しました。

是非、実物をご覧になりに来ていらして下さい。

20140426-1.jpg

ベルトをするとまた違った表情に。
2年程前のLNVIN(ランバン)、私物。


*フリオープン
 4月26日(土)・27日(日)12:00~16:00
 5月3日(土)13:00~18:00  
 5月4日(日)12:00~17:00
                                      Nobuko Nishida



草履 その3
Posted on 2014年4月21日 15:36 under 着物

キモノまわりを綴ったDIARYには沢山のメール、それもすぐに頂くのでいつも驚きます。
という訳で、気を良くして(笑)更に続けて記させて頂くことに。

昨日の舞のお稽古は、淡い桃色の伊兵衛織の紬に蕪の刺繍の帯。

20140421-1.jpgのサムネール画像


昨年から続くモノの整理。
幼少からそれはそれは物持ちがよく、それ故に気づけば本当になんでも溜まるばかり。
でもモノは使ってやらなければ可哀想というわけで、
仕事の合間にぼちぼちと進めて参りまして、
ようやく最後の楽しみにと残していた着物&キモノまわりの片付けに取り掛かりました。

後生大事にしていても、果たしてこれから幾度袖を通せるのかを考えると
もったいながらずにどんどん着てゆこうというのが、今年の初めに立てたモットー。
それには、全部は無理でも、なるだけ着物をたとう紙から解放し、
お草履も箱から出して洋装と同じように、見える収納にできたらと鋭意努力中でございます。



20140421-2.jpg 20140421-6.jpg
畳表と蠟引き                    雨下駄にパナマ


20140421-4.jpgのサムネール画像
左は男物を小さいサイズで作ってもらいましたが歩きにくく、、、これは大失敗。右は桜の台。


20140421-5.jpg
エナメルの台にコルクの裏でできたモダンなデザインのこの草履は
もっぱら洋服に合わせております。


photo4.jpgのサムネール画像
こういう白いものの方がオーソドックスなのでしょうけれど、わたくしには少し勇気が必要で
あまり出番がありませんでした。
もう少し暖かくなりましたら白足袋にシャッキリと併せて今年は履いてみようと思います。



20140421-7.jpgのサムネール画像
都会のアスファルト、移動はもっぱら地下鉄利用者のわたくしには
下駄はなかなか危なくて機会がありませんが、
春♀とのご近所まわりのお散歩の折りになぞ時折履いて
カランコロンという音を楽しんでおります。


足が小さく、自分のサイズに合った靴を探すのは、とうのとっくに諦めたわたくし。
草履の方が今となっては数が沢山。
洋服ではハンディーになることが和装では逆に得をするところも
キモノの楽しいことろ、救われるところでもございます。

*次回フリーオープン
  4月26日(土)・27日(日)12:00~16:00

                                          Nobuko Nishida








草履 その2
Posted on 2014年4月20日 12:25 under 着物

先のDIARYの草履が普段使いだと致しますと、この子たちは晴れの日用でしょうか。
京都で誂えた草履たちです。

20140420-2.jpg

結い上げた日本髪を崩さずに一晩過ごす時用にと、先日京都で手に入れた箱枕'。
赤い朱塗りの台は桐でできており、下の部分は緩やかにカーブしています。
なんでもこの微妙な曲線のお蔭で随分と楽に眠れるのだそう。
しかしながら、こういう手間の掛かる仕事をする職人さんもいなくなっているらしいのです。
ほんとうに残念なことでございます。

この子を得て、いよいよに、長い長いベット生活にもお別れしようと思うに至っております。
ただ、次なるハードルが。。。

20140420-3.jpg

お布団問題でございます。
羽根布団や色々と計算されつくした最新のものでなく、
昔ながらのずっしりと重く、古典柄のものが一番わたくしにはしっくりなのですが、
これがなかなか見つかりません。
枕も、そば殻の固くて高さのあるのがいいなあ。。。


昨日のお稽古着でございます。
あずき色の結城紬に、ぜんまいの繊維を織り込んだ帯。
この帯は私が最も苦手とするパステル系の色で、それ故に'いざ、チャレンジ!'と求めたものの、
その矢先にいたく後悔。
10年以上箪笥の肥やしでおりましたが、それではあまりに可哀想と
個性的な色の帯締めとペパーミントの羽織紐のお蔭でわたしらしいコーディネートになったかと
この度ようやく日の目を見ることに。
いかがでございましょ?

20140420-1.jpg

今日も舞のお稽古。
なんだか肌寒く、、、はて、何を着ようかしらん。

                                           Nobuko Nishida






草履
Posted on 2014年4月18日 19:44 under 着物

20140418-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

写真はわたくしが長い間に少しずつ買い足してきました東京の草履やさんのもの。
残念なことに、この春を待たずにお店をたたまれてしまいました。

草履の台と鼻緒が同色、
カラーもモダンで斬新な色目で作って下さるので、 
Nobuko Nishidaの着物スリーブのドレスなどに
合わせて重宝していましただけに、とても悲しゅうございます。

閉店なさるとお葉書を頂いて、最後の機会に個性的なものを求めさせて頂きました。

20140418-3.jpgのサムネール画像のサムネール画像 20140418-5.jpgのサムネール画像

20140418-6.jpgのサムネール画像のサムネール画像

今後、鼻緒の調整や色々は一体どこにお願いしたらよいのでしょう。。。

職人さんが少なくなってせっかくの和の伝統技術が途絶えていること残念に、そして
憂えております。

                                            Nobuko Nishida



DRESS CODE
Posted on 2014年4月17日 07:47 under BAG&洋服, Others

先日桜の頃、'Pinkのものを身に着けてお越し下さい。'いうドレスコードのあるパーティーの
お誘いを頂きました。

普段は殆どブラック、もしくはダークな色しか纏うことの無いわたくし。
ピンクという色は私自身の人生で最もご縁のない色。
幼少の頃でさえ身に着けたことがありません。

けれどその催しを楽しいものにするには、
招かれる側自身も招いてくださる方と緒にコラボレーションするつもりで臨まなければ!
いうのがわたくしのモットー。
なんでも主宰するということは大変なことですから。


桜というより、これから咲く藤色に近いラベンダーですが、、、
Nobuko Nishidaでは珍しくは華やかなカラーの着物シルエットのカットソードレスを
着て伺いました。

20140417-2.jpgのサムネール画像

20140417-3.jpg

テンセル(ユーカリの繊維でつくられた生地)にシルクとカシミヤが混ざった
極上の肌触り。


トムフォードのフーシャピンクのマニキュアをピりッと利かせて足りないところは少しフォロー。

20140417-5.jpg

ドレスコードのある場でいつも思うのは、
そのお方の性格が出るということ。
律儀に新しく用意される方がいるかと思うと、えっ!と思うほど見事に無視なさっている人も、、、笑。

私が大学を卒業して間もない頃ですからもう随分昔のことですが、
神戸の異人館のとある場所で
黄色のドレスコードのパーティーがありました。
そこで見かけたジェントルマンの事、いまも忘れられません。

オーセンティックはツイードのスーツに身を包んだシルバーグレーの
静かな佇まいのその方は、肩先に小さな小さなイエローのウッドストックの
(=スヌーピーの中のキャラクターのひとり)ぬいぐるみを乗せていらっしゃたのです。
ご本人は照れるでもなく(きっとそう振る舞っておられたのだと思うのですが、、)
自然な様子でお人とお話しなさっていました。

'イマジネーションとユーモア'
私が最も大切と思うことのふたつ。
ソレヲアワセモッタオトナニ ワタシモナリタイ。

さっ、今日はフリーオープン!!
ヒルサイドテラスのしだれ桜はまだ美しく咲いてくれています。
宜しかったらお運びくださりませ。
                                       Nobuko Nishida



春の着物
Posted on 2014年4月14日 22:28 under 着物

週末の土日に続けて舞のお稽古。

春ですから、ふさわしいのは軽い布の着物なのでしょうけれど、、、
なんだかこの季節は花冷えというのでしょうか、、、以外と肌寒いのでございます。
上から重たい羽織やショールをするよりは、いっそざっくりとした紬の着物そのままで
スッキリと着たいというのが、毎年この時期のわたくしの気分なのでございます。

土曜日は、伊兵衛織の大きな格子。
若草色の絞りの入った帯揚げと帯締めで少し春らしく。
ブラックのクロコの籠バッグ。
 
20140414-3.jpg


翌日も同じく伊兵衛織。
帯はモダン辻が花。
帯揚げは前日の色違いで橙色の絞りの入ったもの。

草履は銅色!

20140414-1.jpgのサムネール画像 

 20140414-8.jpg

                                              Nobuko Nishida

*4月のフリーオープン
 17日(木)14:00~18:00
 26日(土)&27日(日)12:00~16:00






O・MO・TE・NA・SHI
Posted on 2014年4月 9日 16:48 under Others

お馴染みUncle Markと同じく20年以上も長い付き合い、
Vivienne Westwood社のChristopherが仕事で東京在。

彼はトートバッグをじっくり見たいと希望、
わたしは久し振りにゆっくりと彼と話がしたかったので
外食はよしてアトリエで夕食することに。

簡単ながら春の食材で和食をつくり、最後は桜餅と御抹茶でO・MO・TE・NA・SHI.

20140408-1.jpgのサムネール画像

ハーフフレンチだけあって料理上手な彼にサーブするのは
正直少し躊躇がありましたが、お店とは違ってリラックスした空気が流れました。


写真は、ワインをつくる為の葡萄の収穫の時に使ったというフランスの古い銅製の大きな
'しょい籠'。時には革を立ててディスプレイに使ったりしています。

20140409-2.jpgのサムネール画像


この存在感のあるアンティークと、無機質で男性的なのアトリエの空間を上手く繋げてくれる
ものをと、同じく銅素材のテーブルを職人さんに制作して頂きました。
狙い通り、和の雰囲気も醸し出せてとても気に入っています。

20140409-4.jpgのサムネール画像 20140409-3.jpgのサムネール画像のサムネール画像                 
器はイギリス人の陶芸家Steven Harrison氏の作。
先月はロンドンの彼の工房を訪ねました。
その時のことはまた追々に綴らせて頂きますが、
彼とはいつかコラボレーションしましょうと話し合っています。
お互いに焦らず丁寧に、素敵な形で実現できたらと思います。大切な人。
いつか皆様にご報告できますように。


*消費税のことで世の中が少しざわざわ致しました。
 3月のフリオープンにお越しなれなかった方からのお問合せも頂戴致しておりますので、
 熟考の結果、Nobuko Nishidaではもうしばらく価格はそのまま据え置いて対応させて頂く
 事に致しました。
 つきましては、4月のフリオープンを3日開催させて頂きますので、是非お運び下さいませ。
 (4月のフリーオープンで頂きましたバッグのオーダー分のお渡しは数か月先になりますが、
  そちらも現行の価格のままでさせて頂きます。)

 4月17日(木)14:00~18:00
 4月26日(土)&27日(日)12:00~16:00
 (時間が異なりますので、どうかご注意ください。)

                                          Nobuko Nishida






SAKURA
Posted on 2014年4月 6日 11:56 under BAG&洋服, Others, 春♀


続いた雨にも健気に耐えて、東京の桜は未だ美しい姿を見せてくれています。

このところ、春♀を連れて毎朝たっぷりお散歩。
アトリエからほど近い目黒川で一緒に桜を眺めております。

20140406-4.jpgのサムネール画像 20140607.jpgのサムネール画像

20140406-3.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


赤いレザーのス―パーマーケットバッグ。
早くくったりとした風合いになるようにと、このところへ―ビーローテーションで使っています。

20140406-2.jpg                                

        
今月の掲載誌。 共に5月号。
eclatでは、京都のページでスーパーマーケットバッグのブラウンを、
Preciousでは、巻頭ページのインディゴブルーの特集ページで女優の小雪さんがイタリアンリネンの
ワンピースをお召下さっています。

20140406-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


桜の頃はなんだか切ない想いも致します。
兎にも角にも、春ですね。。。
                                            Nobuko Nishida

紫外線対策
Posted on 2014年4月 5日 17:14 under Others

その後もLondon&Parisのエモーショナルな旅の余波は続いておりまして、、、
'未だですか?楽しみにしています。'
といったメールを頂きながら、なかなかDIARYにUPできずにおります。

わたくしも知らなかったのですが、、、
ヴィヴィアン(=英国デザイナー:Vivienne Westwood女史)はBlogを綴っている様で、
'3月の彼女のDIARYの中でNobukoのこと素敵に記してくれているよ。'と
海外に住む友人達からメールが届いたり、そしてそのひとつひとつに返事を書いたりしつつの
日々を過ごしております。

それらも含めまして、きっと4月の内には一気に印象的な旅のあれこれを
UPさせて頂こうと思っておりますのでもうしばらくお待ちください。

今日はずっと気になっておりました革の整理を致しました日のことを記させて頂きます。
ざっと牛200頭分の革を一旦棚から出し、中身をすべてチェックし一枚一枚巻きなおす作業。
終った頃には流石に背中も肩もパンパンになりましたが、スッキリ致しました。

20140405-1.jpgのサムネール画像

20140405-2.jpgのサムネール画像 2014040.jpgのサムネール画像

 
この機会にと窓には紫外線防止のフィルムを貼って頂き、
これで革達も、そしてわたくしも!(笑)夏に向けて万全の体勢でございます。

アトリエにあるのは実は全体のほんの10分の1程度。他は倉庫に預けてあります。
その子達のことも時折気になりつつ過ごす毎日です。

革を扱うといういうことはなかなかに、タフさが要求されます。
年齢と共に体力的にキツくなって参りましたから、この春から体をつくりなおすことを真剣に
考え始めております。 
 
4月のフリオープンをいつにしましょうと思案中です。
ゴールデンウイークもありますのでどうしたものかしらと。。。
ご要望がおありの方はメールを頂ければと思っております。


                                          Nobuko Nishida






*旧DIARY(=初回2009年5月14日~2014年1月24日迄)の閲覧はこちら